鹿児島市のJR鹿児島中央駅と直結する商業施設「アミュプラザ鹿児島」に併設された観覧車で21日、係員がゴンドラの扉を閉め忘れ、乗客の中学2年の男子生徒2人と女性(20)の計3人がそのまま1周するトラブルがあったことが22日、分かった。3人にけがはなかった。

    運営する鹿児島ターミナルビルによると、観覧車は1周約15分で、最上部は地上約90メートル。
    21日午後1時50分ごろに男子中学生らが乗った際、係員が外から扉を閉めて施錠するのを忘れた。
    男子中学生らがゴンドラの内側から扉を押さえて対処し、降車後に係員に指摘した。

    同社は3人に謝罪。係員は「他の乗客の対応に気を取られていた」と説明しているという。
    同社は「安全対策と指導を徹底し、再発防止に努める」とした。観覧車は23日まで運休する。

    http://www.sankei.com/west/news/170822/wst1708220064-n1.html



    【うっかり係員、観覧車の扉を閉め忘れる 男女3人がそのまま一周 鹿児島】の続きを読む

    江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/08/21(月) 14:53:10.31

    キャサリン妃とカミラ夫人、未来の王位をめぐって対立?
    MovieWalker
    2017年8月21日 13時40分 配信
    https://news.walkerplus.com/article/118697/


    未来の王座をめぐり、キャサリン妃とカミラ夫人が対立?
    写真:SPLASH/アフロ

    キャサリン妃とカミラ夫人が、未来の国王の座を継ぐのはチャールズ皇太子かウィリアム王子かという問題をめぐって対立していると、インターナショナル・ビジネス・タイムズが伝えている。

    英国のメディアはここ数日、エリザベス女王が王位をチャールズ皇太子に譲ることを考えているようだと報道している。
    しかし、故ダイアナ妃の未公開映像のドキュメンタリーが放映されたばかりの英国では、チャールズ皇太子とカミラ夫人の過去の不倫や、ダイアナ妃への仕打ちを快く思わない国民も少なくない。

    そんな状況の中、チャールズ皇太子をスルーして、ウィリアム王子が次の国王になるべきだと主張する人々がいるのを知り、その背後にはキャサリン妃がいると確信するカミラ夫人が激怒しているというのだ。

    しかし、英紙デイリー・メールの取材に対し、王室の広報は、エリザベス女王が王位を譲ることを考えているという事実はないと答えており、王室専門ジャーナリストのロバート・ジョブソンは「エリザベス女王は、95歳になった時に自分がまだ存命だったら、真剣にチャールズ皇太子に王位を譲ることを考えています」と話している。【UK在住/MIKAKO】


    【【英王室ゴシップ】キャサリン妃とカミラ夫人、未来の王位をめぐって対立?】の続きを読む

    このページのトップヘ