埼玉県入間市は認知症の高齢者の徘徊対策として、QRコードを印刷したシールを2016年11月から該当する高齢者に無償配布している。
    これまでに約40人が利用した。

    1センチ角のQRコードに固有番号と市役所の電話番号

    「爪Qシール」と呼ばれるこのシールは縦横1センチメートル角ほどで、手または足の爪に貼り付ける。QRコードには高齢者ごとに固有の3桁の数字と、
    入間市役所の代表番号が記載されている。爪Qシールを貼った高齢者が徘徊している場合、発見者がQRコードを読み取ることで
    市役所に問い合わせられるようにしているのだ。

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/072000296/072700004/?rt=nocnt

    入間市が認知症の高齢者向けに無償配布する「爪Qシール」



    シールとは呼ぶものの多少の厚みがあり、付け爪に近い印象だ。きちんと貼り付けていれば、2週間〜1カ月はもつという



    【この高齢者は誰?爪に貼るQRコードですぐに分かる 行方不明も無くなるな 埼玉県】の続きを読む

      

    雷に打たれた釣竿が壮絶すぎる

    夏といえば雷の季節。危険な天候に見舞われることもしばしばですが、その雷に打たれた釣竿が壮絶すぎると、
    米ソーシャルサイト・redditで話題を呼んでいます。

    「Lightning struck this fishing rod(この釣竿に雷が落ちた)」とタイトルの付けられたこの写真には、最初に「釣竿だった」と説明を受けないと、
    何が何だかわからない物体が写っています。釣竿はカーボンファイバーやグラスファイバーなどの繊維を樹脂で重ねて作られているそうですが、
    その繊維一本一本が黒焦げに縮れてしまったためにこのような形になってしまっているのでしょうか。

    そして、釣竿のあまりにも衝撃的な変わりように、「雷が釣れちゃったんだね……」「なんか悪魔的な姿に」
    「『呪怨』に出てくる、あの女性のヘアースタイルを彷彿させるな……」といった、ホラー的なものを感じているユーザーのコメントも寄せられています。

    http://www.narinari.com/Nd/20170744997.html





    【雷に打たれた釣り竿が壮絶すぎると話題に 繊維一本一本が黒焦げに【画像】】の続きを読む

    このページのトップヘ