:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2016/03/07(月) 12:19:25.42 ID:CAP_USER

    女性が汗をかいている姿は、どうにもセクシーだ。それが、グラビアアイドルだったらどうだろうか?

    ここに限界ギリギリな企画が行われた!



    奇妙なセットに戸惑いながら、グラビアイドルの今野杏南さん(23)が椅子に座る。グレーのTシャツに着替えて、激辛スープ『辛王』を食べることを勧められる。



    『辛王』を一口、もう一口と食べると、額や首筋、胸元がジワジワと熱気を帯びていく。



    こんなアングルや、



    そんなアングルまで!



    脇汗を見せるように要求されて、恥じらう今野さん。

    動画では、汗まみれの今野さんを見ることができる。ギリギリだろ、コレ!

    https://youtu.be/-pqce_4LpAk
    ▶︎Youtube ▶︎
    こちらは“辛萌え動画”。辛い食べ物を食す姿に詰め込まれた、女性の魅力を様々な角度から楽しめるコンテンツだそうだ。

    ほかにも声優・芹澤優さんやアイドル・吉川友&仙石みなみさんが登場する。
    https://youtu.be/EN_aZWRqHpY
    ▶︎Youtube ▶︎

    【辛萌え動画】アイドル/吉川友&仙石みなみ”強制密着・二人羽織”篇
    https://youtu.be/Cohyf9cmS-c
    ▶︎Youtube ▶︎

    この企画考えたヤツ誰だ! 出てこい! 今ものすごく感謝を伝えたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1099624/?page=1
    ViRATES 2016.03.07 11:00


    【今野杏南が“辛さ”で汗グッショリ! この脇汗は…裸よりエロい】の続きを読む

    :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2016/04/05(火) 07:42:37.51 ID:CAP_USER

    「本人はそう思ったんじゃないかな。事実はなんだとしても本人はね……」──あの事件は「単純ミスではなかった?」と本誌が直撃すると、
    世間を賑わせた“号泣お天気お姉さん”の父親はこう語った。

    衝撃の事件が起きたのは、昨年12月1日に放送されたNHK山形放送局の夕方のニュース『やまがた6時』のお天気コーナーだった。

    気象予報士の岡田みはるアナ(39)は「現在の鶴岡市の様子を見てみましょう」といったが、画面には関係のない新庄市の様子が映し出された。
    一瞬、絶句した彼女は訂正してレポートを続けるも、次第に声が震え、右手で涙を拭って「グスッ、グスッ」と生放送中に泣き始めたのだ。

    公共放送での前代未聞の号泣シーンはネットで拡散し大騒動に。
    岡田アナは放送翌日から番組を休養。その後復帰したが、3月25日の放送を最後に降板した。
    「NHKのお天気キャスターが1年で交替するのは異例で、事実上の契約解除と見られている」(NHK関係者)という。

    NHKは騒動の原因を、「彼女は違う画面が出て動揺した」と説明したが、
    ネットでは「スタッフによるいじめが原因ではないか」という噂がまことしやかに流れた。

    それがここにきて突然の降板。長野県内の岡田アナの実家を訪ねると、
    最初は取材を拒んだ岡田アナの父親が、次第にポツリポツリと語りだした。

    ──降板された際に何かお話しされましたか?

    「降板はニュースで知りました。普通は任期2年と娘から聞いていたので、そりゃ残念だし、12月のことも関係しているのかな。
    でも、『プロなんだから、何があっても人のせいにするな』とは伝えました」

    ──NHKは「違う画面で動揺した」と説明しています。

    「娘は生真面目だけど、演劇部出身で人前で喋るのが大好きな子です。番組で違う画面が出たくらいでうろたえるハズはないと思う。
    実は騒動以前にも話す内容と画面の内容が違うことが度々あったと聞いていた」

    ──「単純ミス」ではなかった?

    「本人はそう思ったんじゃないかな。事実はなんだとしても本人はね……。どうもいきさつがあるようで、局の単純ミスとはいえないみたい。
    ネットで書かれていることが当たらずとも遠からずというか。

    娘は動転したんじゃなく、もっと別の感情が出て泣いたんだと思う。
    ミスだろうと嫌がらせだろうと、プロなら切り抜ける必要があるけど、感情の流れに負けたんでしょう。これ以上は勘弁して」

    言葉を選びながらも実に2時間以上にわたって複雑な心境を明かした父親。
    改めてNHK山形放送局に降板の理由を聞くと、「契約期間は今年3月までであり、契約期間終了によるものです」と回答した。

    ※週刊ポスト2016年4月15日号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160405-00000007-pseven-ent
    NEWS ポストセブン 4月5日(火)7時0分配信


    ▶︎Youtube ▶︎












    【NHK号泣お天気お姉さん「いじめ疑惑」の真相を父親が告白】の続きを読む

    :湛然 ★@\(^o^)/ :2016/03/09(水) 05:04:43.93 ID:CAP_USER

    2016.3.9 04:05

    女優、戸田恵梨香(27)が、大ヒット映画の続編「デスノート2016」(佐藤信介監督、10月29日公開)に、
    10年前に演じた前作のヒロイン・弥海砂(あまね・みさ)役で出演することが8日、分かった。

    前作で銀幕デビューした戸田は「原点に返るような気持ち」と思い入れたっぷりに熱演。
    20代を代表する女優に成長した戸田が「デスノート」に恩返しをする。

    映画「デスノート2016」は、06年に公開され、2部作で興行収入80億円超を記録した「デスノート」の続編。

    前作は名前を書いた人間を死なせることができる“デスノート”を持つ夜神月(ライト)こと
    キラ(藤原竜也、33)と世界的私立探偵、L(松山ケンイチ、31)の攻防を描き、話題になった。
    その中で、愛するライトのためにデスノートを使い“第二のキラ”となるヒロインが、
    戸田が演じたミサミサの愛称を持つトップアイドルの海砂だ。

    戸田にとっては映画デビュー作で、無邪気な性格にして過激な行動力を併せ持つ難役を好演し、
    原作漫画&映画ファンの支持を集めてブレークのきっかけになった。

    その海砂が10年の時を経て復活。前作の10年後を描く新作では、
    デスノートを使用しながら唯一生き残った人物として、デスノートをめぐる新たな戦いのカギを握る。

    戸田は10年前に“完結”したキャラを再び演じることにプレッシャーを感じたといい、
    役者を始めた当時の演技を振り返り、「(昔に)戻るべきなのか、進むべきなのか…
    今の自分だったら海砂をどう演じられるのだろうか?」と悩み抜いた。

    試行錯誤の中で、現在の海砂の感情を監督と確認し合い、髪形や衣装にもこだわって役作り。
    「今回の参加は恐怖の方が強かった。スクリーンデビューさせていただいた作品なので思い入れは強くて…」と熱く語る。

    同作の佐藤貴博プロデューサーは、戸田について
    「脚本段階からアイデアも出し、大人の女優として成長した海砂の美しさを表現してくれた。
    その上で、しぐさや話し方のちょっとしたクセなどに、絶妙に『弥海砂らしさ』を織り交ぜてくれた
    演技力は絶品です」と太鼓判を押す。

    人気キャラの“復活”は、ファンの間で大きな話題になりそうだ。

    ★主演に東出、川栄は“無差別殺人犯”

    「デスノート2016」は、前作の10年後を描くオリジナルストーリーで、
    東出昌大(28)が主演。警視庁内のデスノート対策本部特別チームのリーダーを演じる東出、
    Lの正統な後継者役の池松壮亮(25)、キラを崇拝するサイバーテロリスト役の菅田将暉(23)による
    天才3人の息詰まる頭脳戦を描く。

    元AKB48の川栄李奈(21)が、無差別殺人を行う“史上最悪のデスノート所有者”役で
    出演することも話題だ。


    ・映画デビューした前作と同じ海砂役で「デスノート2016」に出演する戸田恵梨香。成長を見せる!(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS


    ・映画「デスノート」で、戸田は原作漫画に忠実なビジュアルで海砂を演じ、大反響を呼んだ(C)2006「DEATH NOTE」FILM PARTNERS


    http://www.sanspo.com/geino/news/20160309/geo16030904050015-n1.html


    【戸田恵梨香、10年ぶりデスノート!ミサミサ再び「原点に帰るよう」】の続きを読む

    このページのトップヘ