:@Sunset Shimmer ★ :2015/07/15(水) 08:02:25.26 ID:GDxYT1Ji

    2015年7月15日 朝刊



    ※「『危ないと思ったら撃て』との指導をした指揮官が多かった」と記述されている文書

     陸上自衛隊がイラク戦争後の二〇〇四年一月〜〇六年九月、同国サマワで実施した人道復興支援活動について活動状況や教訓をまとめた内部文書「イラク復興支援活動行動史」をジャーナリストの布施祐仁さん(39)が入手し、都内で十四日、概要を公表した。
    「イラク戦争の検証が不十分なまま安全保障関連法案を採決すれば、取り返しがつかないことになる」と警鐘を鳴らした。

     文書は〇八年に陸上自衛隊が作成し、二分冊で計約四百ページある。布施さんが示した概要によると、派遣の根拠となったイラク特措法で自衛隊の活動は「非戦闘地域」に限定されたが、
    実際は機関銃射撃で敵の動きを止める「制圧射撃」の訓練をするなど、実戦も想定した準備を進めていた。

     また、自衛隊は海外での武力行使を禁じられ、隊員の武器使用は正当防衛や緊急避難の場合に限られていた。しかし「武器使用に関する部隊長の意識」という項に「最終的には『危ないと思ったら撃て』との指導をした指揮官が多かった」とある。

     布施さんは文書入手後、確認のため情報公開制度で同じ文書を請求したが、大半は墨塗りされた状態で「軍事機密とは思えないものも隠されていた」という。

     文書は安保関連法案を審議する衆院特別委員会でも複数の野党議員が十日に取り上げた。中谷元・防衛相は「不開示とした部分の公表の検討を始めており、速やかに結論を得たい」と答弁した。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:東京新聞 TOKYO Web http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015071502000131.html


    【【自衛隊】武器使用は正当防衛や緊急避難の場合に限られていたのに「『危ないと思ったら撃て』との指導をした指揮官が多かった」⇒つまり安保採決は危険という謎理論www】の続きを読む

    :鴉 ★@\(^o^)/ :2015/07/16(木) 16:26:32.64 ID:???

    2015年7月15日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の窃盗団が長崎県対馬市の神社仏閣から盗み、韓国に持ち込んでいた仏像を日本に返還することとした韓国検察の決定について、日本政府は「返還は当然」との見解を示した。

    菅義偉官房長官は15日の記者会見で、「これは国として盗難に遭ったものだ。返してもらうのは当然のこと」とした。
    韓国人窃盗団が同時期に観音寺から盗んだ高麗時代の仏像「観世音菩薩坐像」についても、「引き続き韓国政府に返還を強く求めていく」と強調した。

    この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

    「もともと韓国の物なのに、日本の物のような言い草だな」
    「こっち(韓国)は盗まれたものを取り返しただけなのに、また泥棒(日本)に返却するのが当然なのか?」
    「じゃあ、日本にある韓国の文化財を返せ」

    「怒りが爆発する」
    「韓国の子孫が、おまえらがしたことを5倍にして返すだろう」

    「こんなことを言われて、日本に対して何も言えない事情でもあるのか?」
    「大統領が親日(朴正煕元大統領)の子どもだから、日本には何も要求できない」
    「韓国は日本が怒りそうだと思って慌てて返却するんだな」

    「壬辰倭乱(文禄の役)と日本植民地時代にお前らが略奪して行った文化財をすべて返せ」
    「韓国の公務員は一体どこの国のために働いているのだ。なぜ仏像を返さねばならない?」
    「親日の子どもがやりそうなことだ。独島(日本名:竹島)はいつ日本に返還するのだ?」
    (翻訳・編集/三田)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150716-00000045-rcdc-cn


    【【速報】韓国、仏像返却してドヤ顔!スワップでも再開できると思ったか?⇒日本政府「盗難に遭ったもの、返すのは当然。残りも返せ」との見解を示した。】の続きを読む

    :れいおφ ★@\(^o^)/ :2015/07/19(日) 08:39:54.79 ID:???

    現在絶賛上映中の『バケモノの子』公開記念3週連続スペシャルと題して、
    7月17日に「金曜ロードSHOW!」で放送された細田守監督作『時をかける少女』。

    放送中もネット上では作品に対しての熱い想いや自論が乱れ飛び、盛り上がりを見せたが、
    最後の最後で視聴者全員が大ブーイングを起こし大きな話題となっている。

    その理由はエンディング曲のカット。
    奥華子「ガーネット」がまるまるカットされていることを知ると、
    「えっEDなし」「ガーネットこねええ」「ed ターミネーター」「エンディングで泣かせる作品で
    エンディングカットw」と満場一致のブーイング。

    その後も「ガーネットの無い時かけなんてルーの無いカレーみたいなもん」
    「エンディングが本編なのに」と激しい罵倒は続いた。

    作品の余韻に浸る部分でのキラーソングともいえる「ガーネット」。
    視聴者の中には「なんだろこんな映画だったっけ 記憶の中でかなり美化されてたのか、
    ガーネット補正だったのか」という意見が出たり、
    「歌がある程度内容のわかりにくいところ補完してる説」という言葉どおり、
    EDで流れる曲が何らかのメッセージを発している場合もあるので、
    無闇に番組の構成上とはいえカットするというのはいただけないということだろう。

    それにしても『時をかける少女』から次週『ターミネーター』に気持ちをシフトチェンジするのは、
    いくら器用な人間でも中々難しいのは確かだ。

    この後も「ガーネット」に対する反動で、YouTubeをはる現象などもネットで見られたが、
    現在無料期間中の音楽配信サービス「Apple Music」でも、
    今日午後の時点でも検索に"奥華子""ガーネット"が上位ランク入りするなど、
    エンディングカットの怨念は今も続いている。

    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0718/aol_150718_2708834432.html

    奥華子/ガーネット(弾き語り)
    https://youtu.be/X_Irpw_LL2o


    【【悲報】7/17放送の『時をかける少女』にファン激怒!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ