:サソリ固め :2015/12/01(火) 22:25:29.10 ID:6MSCnEei0

     
    少女漫画誌『ちゃお』の付録が攻めすぎと話題

    現在発売中の、少女漫画誌『ちゃお』1月号の付録が攻めすぎていると話題になっています。

    話題の付録は『金運上昇!ATM型貯金箱』。コインを30〜40枚ほど貯金することができ、
    出すときは専用カードを入れて暗証番号をプッシュする仕組み。なかなか本格的ギミックですねぇ。

    【関連:雑誌付録で話題になった『進撃の巨人 フェイスパック』が通常商品化】




    少女漫画誌『ちゃお』1月号の付録

    同誌は1977年創刊で、集英社の『りぼん』、講談社の『なかよし』と並び三大少女漫画誌と呼ばれています。
    読者層は小中学生が対象とされていますが、主力層は日本雑誌協会のデータによると、82%が小学生のようです。

    そこで、「小学生を中心とした雑誌なのに何故ATM貯金箱なのか?」という疑問がわいてくるわけですが、
    実はこのATM貯金箱は商品版があり、懸賞で過去7年人気No.1 を維持しているそうです。
    公式サイトにも「7年連続ちゃおっ娘のほしいものNo.1!」と書かれています。

    ちなみに今回の付録は、懸賞とは違いオリジナル仕様になっているようです。
    同誌で連載中の『12歳。』のマスコットキャラクター“うさパンダ”に、四つ葉のクローバー、幸運をよぶ五つ葉もデザインされています。
    ちなみにカラーは金運アップにきく黄色がベース。金運上昇を本気で意識しているみたいですね。

    それにしても最近の小学生はしっかりしているというかなんというか。
    大人の真似をしたいというおもちゃ感覚も大きいのでしょうが、よりによってATM貯金箱というところに、時代の流れを感じます。
    ちなみに同じ小学館の少年雑誌『コロコロコミック』1月号(12月15日頃発売)付録は、
    ゲーム内で手に入る『妖怪メダルバスターズ B-USAピョンメダル』他になっていました。

    (続く)
    http://otakei.otakuma.net/archives/2015120101.html


    【少女漫画誌『ちゃお』の付録が攻めすぎと話題にwwwwwwww】の続きを読む

    :カドモス ★ :2015/05/31(日) 12:53:23.77 ID:???

     まるでファッション誌−。近畿大学(大阪府東大阪市)が大学案内を一新させ、話題を集めている。
    これまで多くを占めていた各学部のカリキュラムや研究内容はほとんど掲載されておらず、学生たちのファッションや部屋をスナップ写真で紹介し、“おしゃれなキャンパスライフ”を前面に押し出す内容になっている。
    全国の大学案内を取り扱っている株式会社フロムページ(大阪市中央区)の広報担当者も
    「今年度版はまだ2〜3割の大学からしか届いていないが、このような大学案内は見たことがない。斬新な試みだと思う」と注目している。

     ■雑誌の人気企画を“近大版”に

     近大は昨年5月、2016(平成28)年版の大学案内の製作を、高校生や大学生と対象としたカルチャー情報誌などを手掛ける出版社「グラフィティ」(東京都渋谷区)に依頼。
    同社発行の雑誌「東京グラフィティ」さながらの作りで、ファッション誌やカルチャー誌を彷彿(ほうふつ)とさせる。
     「近大生たちのリアルファッションスナップ」と題された特集では、全80ページ中24ページが割かれ、学部ごとに学生ら約10人のファッションを紹介。今日のファッションのポイント
    ▽値段▽近大生になってよかったこと▽最近はまっているもの−など、簡単なプロフィルも添えられている。

     このほか、近大生の美男美女を紹介する「近大美少女・近大美男子」▽「近大人のひとり暮らしGALLERY」
    ▽卒業生が数十年前に撮った写真を再現する「近大タイムスリップ写真館」−など、雑誌の人気企画に倣って、“近大版”グラフィティを製作した。
     発行部数は20万部。資料請求をすれば無償で取り寄せることができるほか、今後は書店でも定価480円で販売を予定している。
    すでに一部書店では、注文を受け付けており、一般の人も入手が可能だ。

     ■近大生1025人を撮影、「学長あいさつ」なし

     取材した同社のプランニングディレクター、篠原和久さんは約3カ月間、毎日のように近大に通い、学生ら計1025人を撮影した。
     当初は事前に依頼をせずに、その場にいた学生に声を掛けていく方法で、ゲリラ的に突撃取材をしていたが、
    そのうち、新しい取り組みに興味を持った学生が学生を呼ぶ形で広がっていったという。篠原さんは「学生たちも楽しんで参加してくれ、一緒に作ることができた」と振り返る。

     優等生だけでなく、「一般的な学生」から「アキバ系」まで、ありのままの姿を撮影することで、総合大学ならではの多様性を浮かび上がらせた一方、
    選んだわけではなかったが、結果的に各学部の特色も出ている。
     構想段階では予定されていた「学長あいさつ」も思い切って外し、代わりに表紙の裏ページには「東京グラフィティ」編集長がごあいさつ。
    裏話を交えながら取材を通してみた近大生の姿を紹介している。

     ■パンフは大学選びの必需品

     フロムページが実施した「テレメール全国一斉進学調査」(平成26年度、大学受験生3万9707人が回答)によると、大学や学びたい学問の検討に利用したもの(複数回答)という問いに、
    2万4681人が大学のパンフレット(案内)と答え、2位の大学のホームページ(2万4580人)と並び多くの票を集めた。
    3位以降は、オープンキャンパス(1万4144人)▽高校の先生の話(1万370人)▽進学情報誌(9542人)
    ▽進学情報サイト(8853人)▽親やその他の家族の話(6923人)▽知人・友人・先輩の話(6878人)−などが続いた。

     「進学の悩みを解決する上で役に立ったもの」「入学する大学への興味を深めるために利用したもの」という質問でも大学のパンフレットが1位となり、大学案内は受験生を呼び込むために大きな役割を担っていることが明らかになった。

    >>2
    以降に続く
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150530-00000514-san-soci
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20150530-00000514-san-000-8-view.jpg



    【【画像】近畿大学の大学案内が話題にwwwwwwwこれが「大学案内」とは】の続きを読む

    :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/05/31(日) 14:22:56.11 ID:???

    本日放送の『ワイドナショー(フジテレビ)』にてチカン抑止シールの特集が行われた。
    チカン抑止シールは先日ゴゴ通信でも取り上げたもので、埼玉県警が考えた痴漢に対する警告を促すシール。
    しかし痴漢冤罪にも繋がるのではという声も挙がっている。

    そんな特集の中で松本人志が「すーんごいブスが乗ってるんでしょ? 女性車両って」と発言。
    MCの東野幸治は「こんな偏見聞いたこと無い、クレームお願いします!」と大騒ぎ。

    松本人志は「優雅に女性専用車両に女性が乗ってる中で、隣で汚いおっさんがタニシのようにギッチギチになってる」と女性専用車両の現実を語った。

    ネット上でも「ひでええ」「確かにブサイクばっかり」「良いこと言った」「すげえ偏見」「アタシおっさんだけど偏見だと思う!」という声が挙がって居た。

    http://dmm-news.com/article/972853/
    ゴゴ通信 2015.05.31 11:08



    【フジ「ワイドナショー」松本人志の発言に波紋広がる!!! 東野「クレーム下さい!」】の続きを読む

    このページのトップヘ