:魔神風車固め :2016/03/10(木) 10:25:18.24 ID:BbF8pKZ30

    原発事故「班目マンガ」の衝撃 拒絶反応から顔の描けない登場人物って… 当然あの人!?

     一読、ここまで赤裸々に実態を明かしていいのかと衝撃を受けた。
    原子力安全委員長として平成23年3月11日の東電福島第1原発事故対応にかかわった班目春樹氏が、インターネット上で公開している自作マンガのことである。
    事故当時の菅直人首相をはじめ官邸政治家らの無責任で場当たり的な言動が、班目氏の目に映ったまま実に率直に描かれている。

    顔のない人物
     マンガは4コマの連作で、登場人物がどの政治家なのかは似顔絵でおおよそ判別できる。だが、その中で顔が描かれていない人物が1人いる。

     「当時、官邸にいた政治家たちの中で1人だけ拒絶反応がある。一番会いたくない人であり、たぶんトラウマになっているようで似顔絵を描けません」

     班目氏に聞くとこんな心境を明かし「マンガはこっそりと出しているもので、私の鬱憤のはけ口のようなものです」と語った。
    記憶が飛んでいる部分もあるので事実だと主張するつもりはないとのことだが、読み進めると、この顔のない人物の立ち居振る舞いの異様さ、危うさが実感できる。

     たとえば事故発生翌日の12日朝、第1原発の視察に同行した際には、炉心溶融(メルトダウン)への懸念を伝えようとする班目氏に対し、
    顔のない人物が「質問にだけ答えろ」と遮り、原発各号機の出力などやたらと細かいことばかり質問する場面が出てくる。

     また、この人物が緊急時にもかかわらず、「ところで東工大にも専門家はいるか」と自身の出身校の学閥にこだわったことと合わせて
    「そんなこと知ってもしようがないだろ!」「なんだ! この質問は!」などといらだつ班目氏の「心の声」も書き込まれている。

     12日午後、官邸内で開かれた会議で、1号機への海水注入が協議されたエピソードも出てくる。

     これに関しては、産経新聞が以前、菅首相が「海水を入れると再臨界するという話があるじゃないか」と怒鳴っていたと書いたところ、菅氏は「あり得ない話だ」と否定した。
    だが、班目氏のマンガには顔のない人物がこう怒鳴る姿が描写されている。

     「再臨界の可能性があるのに海水注入なんかできるか!」

    (続く)



    【原発事故当時の菅直人wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    :ドラゴンスープレックス :2016/04/04(月) 21:37:47.53 ID:RG1RsQul0

    英語力、高校は群馬、中学は千葉が1位 都道府県別データ公表 文科省調査

    文部科学省は4日、平成27年度の英語教育実施状況を公表した。全国の公立高校と公立中学校の
    各3年生のうち、政府が掲げる目標レベルに達している生徒の割合が最も高かったのは、高校が群馬県の
    49・4%、中学校は千葉県の52・1%だった。生徒の英語力に関する都道府県別データの公表は初めて。
    文科省は「他県と比較して改善につなげてほしい」と話している。

    文科省によると、政府目標では29年度までに、卒業段階で高校生が英検準2級以上相当、中学生が
    英検3級以上相当の英語力を、それぞれ全体の5割が身に付けるよう求めている。だが、調査結果では
    目標レベルを達成した生徒の割合は全国平均で、高校が34・3%(前年度31・9%)、中学が36・6%
    (同34・6%)にとどまった。

    一方、政府は英語教員にも英検準1級以上か、それに相当する資格の取得を求めており、29年度までの
    目標の割合は高校が75%、中学は50%だが、今回の調査では高校が57・3%(同55・4%)、中学は
    30・2%(同28・8%)だった。

    初めて公表された都道府県別データで、目標をクリアした生徒数の割合が高かったのは、高校では群馬に
    続き千葉が45・5%▽福井42・5%。中学ではトップの千葉に、秋田48・6%▽東京47・9%−が続いた。

    上位県で共通しているのは、授業が英語で行われているケースが多かったり、生徒が身に付けるべき能力を
    段階別に明示した指標の利用が進んでいたりするという。中高ともに好成績だった千葉県では、27年度から
    英検より試験時間が短い「英検IBA」の全校受験を導入。県教委は「生徒はIBAを通じて自らの英語レベルを
    把握することができ、さらに上を目指そうという勉強への動機付けにもつながっている」と話す。

    ただ、政府目標をクリアした生徒の割合には、英検取得者だけでなく、授業の様子や学校の試験結果などで
    教員が独自に英検取得者に相当すると判断した生徒数も含まれ、文科省は「客観性については批判もあるが、
    公表の効果を優先させたい」と話している。

    http://www.sankei.com/life/news/160404/lif1604040035-n1.html



    【グンマー、英語ペラペラだと判明!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ