:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2016/05/12(木) 15:53:45.93 ID:CAP_USER9

    赤道を挟んで日本の反対側、オーストラリアの季節は北半球と真逆だ。
    日本が冬の間、現地は夏。当然、数々の野外イベントはこの時期に集中しており、多くの音楽フェスティバルも開催される。
    そんなフェスのひとつで幽霊騒ぎが起き、同国Yahoo! ニュースが大真面目に報じる事態に発展しているようだ。詳細についてお伝えしよう。

    ■恐ろしすぎる少女の姿

    このたび幽霊が出現したと話題になっているのは、観客は13〜17歳のみというティーンエイジャー向け音楽フェス「グッドライフ・フェスティバル」。
    今年は2月19〜27日にかけての週末、主に国内の人気アーティストを招いて同国4カ所を股にかけて開催されたが、異変は19日のブリスベン会場で起きていた。
    まずは今月3日、フェスティバルの公式フェイスブックページで公開された1枚の画像をご覧いただこう。






    眩しい光に包まれたステージと、大いに盛り上がる少年少女たち――。「あの瞬間に戻りたい」の一文とともに主催者が投稿した写真だが、一見した限りでは何の異変も見られない。
    しかし画像の右端、倉庫らしき建物の屋根部分、煙のような白い影に注目してほしい。拡大してみると、なんとそれは少女の姿をしているのだ!
    長い髪と真っ白い服、そして左手にはテディーベア(?)らしきぬいぐるみを持って立ちすくむ姿がハッキリと確認できる。
    ここまで明瞭な心霊写真は、極めて珍しい。写真はフェスティバルのファンたちを震え上がらせた。

    「これに気づいたのは私だけ……? 一体これは何なの、誰か説明してよ」
    「なんてことだ、恐すぎて眠れない」

    各方面からの指摘を受け、主催者側は問題の写真を調査・分析することを約束、今月9日にその結果を公表したが、その声明がさらに人々を怯えさせることになった。

    ■音楽フェス会場の“忌まわしい過去”

    主催者側の調査・分析結果は次のようなものだった。

    「これを撮影した写真家と一緒に分析を試みました。しかし、メモリーカードに記録されたオリジナルの画像データにも、少女は写っていたのです」

    つまり、フォトショップなどによる写真の加工を明確に否定しているのだ。
    しかも、主催者側はフェスティバルの会場となった「ブリスベン・ショウグラウンズ」のスタッフに聞き取り調査も行ったが、そこで衝撃の事実が明らかになったという。

    「会場スタッフによると、実は以前から、この古い倉庫に少女の幽霊が現れることがあり、恐がって誰もその場所に近づこうとしなかったようなのです」

    そしてさらに調査を続けると、この倉庫にまつわる“忌まわしい過去”も判明したようだ。
    なんと今を遡ること100年以上となる1908年、倉庫の屋根の上からルーシー・ジェーン・マコーネルという幼い女の子が、
    花火を観ようとして転落死するという事故が起きていたという。写真が捉えた女の子は、非業の死を遂げたルーシーなのか!?

    http://tocana.jp/2016/05/post_9713_entry.html
    2016.05.12


    【【画像】心霊写真 ヤフーも報道! 音楽フェスに出現した少女の地縛霊とエピソードが恐すぎる】の続きを読む

    :Egg ★@\(^o^)/ :2016/05/12(木) 07:50:18.87 ID:CAP_USER9

    朝から好天に恵まれた5月の母の日。東京・世田谷にある蕎麦屋に母親と一緒に訪れていた親孝行な女優は夏帆(24)だ。
    しかしその傍らには母親だけでなく、ボサボサ頭のヒゲ面男が――。

    夏帆といえば、11歳で芸能界デビューし、『三井のリハウス』のCMに出演していたザ・清純派女優……だったが、
    ハタチを過ぎた頃から、激しいイメチェンがファンの間で話題になっていた。

    「キャバ嬢やヤンキーといったパンチの効いた役を次々と演じ、髪型も長い黒髪をバッサリ切って金髪へ。
    インタビューでは『どんな経験も女優として芸の肥やしになると思う』などと成熟した発言が飛び出すようになり、
    デビュー当時からついていた美少女好きの男性ファンにとってはショックでした(笑)。
    でも女優としては大成功。演じる役の幅が広がり、ついに昨年公開の映画『海街diary』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞したんです」(制作会社関係者)

    これまでスキャンダルもなく、決定的な熱愛報道すらなかった夏帆だが、やはり女優としてひと皮むけた彼女はしっかり恋人を作っていた。
    それもかなり年上の男性―。母の日に、夏帆母娘とともに蕎麦をすすっていたヒゲ男は、新井浩文(37)。
    たけし映画のチンピラ役から大河ドラマ『真田丸』の加藤清正まで演じる、夏帆より13歳上の実力派俳優である。

     しかも新井が彼女の母に会うのはこの日が初めてではないようで、3人はとてもリラックスした様子。

    「あの……浅野さんじゃないですか?」と、新井を浅野忠信とカン違いした店員が話しかけてくると、
    夏帆ママが「浅野さんの(事務所の)後輩よねぇ」と笑顔で茶々を入れる。そんなやり取りにケタケタと笑う夏帆。まるで仲のよい夫婦&姑そのものなのだ!

     午後3時前、蕎麦を食べ終わった3人は店を出ると、近くに停めていた新井の黒のジャガーへ。
    新井は夏帆ママを都内にある実家まで送り届ける『親孝行』ぶりを発揮し、それから夏帆と二人きりのドライブデートを楽しんだのである。

    「二人の姿は何度も目撃していますよ。いつも変装していないので、
    周囲にはバレバレ。でも本人たちは堂々としてますね」(新井の自宅近くのスーパー店員)

     本誌が見ただけでも、あるときは新井のマンション近くのカレー屋で食事、あるときは彼の愛車で昼下がりのドライブ。
    夏帆が新井の部屋から仕事場へ向かう日もあった。現在、新井は『真田丸』に加え、TBS系の深夜ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』にも出演しており、
    一方の夏帆も月9『ラヴソング』(フジテレビ系)に出演中。お互い多忙なはずだが
    、単なるお泊まりだけでなく、週に1〜2度は外でデートするラブラブぶりなのだ。フライデー最新号ではこうした貴重なカットを掲載している。

    「かつて新井は二階堂ふみ(21)や池脇千鶴(34)と交際していましたが、どちらも10代から芸能界で活躍してきた女優という共通点がある。
    歳は若いけど中身はオトナってコが彼のタイプなんです。夏帆はドンピシャですね」(映画関係者)

     以前トーク番組で「女性はメシで判断する。舌が合わないとムリ」と独特な恋愛観を語っていた新井。
    蕎麦だカレーだと、しょっちゅう食事デートしているところを見ると……夏帆は37歳の人気役者を完全に骨抜きにしてしまったようだ。

    写真 島 颯太

    FRIDAY 5月12日(木)7時40分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160512-00010000-friday-ent

    写真



    【夏帆&彼氏の在日新井浩文のフライデー熱愛画像ww清純派女優の彼女に初スキャンダルwww 2ch「劣化したな」「相手は在日韓国人って」「終わったな」】の続きを読む

    このページのトップヘ