:@\(^o^)/ :2016/05/31(火) 08:45:29.84 ID:???

    信号無視や一時不停止など、自転車の「危険行為」を繰り返した人に自転車運転者講習
    (有料講習)を義務づける改正道路交通法の施行から、6月で1年になる。4月末までに
    各都道府県警で1万件超の危険行為を確認したが、3分の1を占めてワースト1になったのは、
    大阪だった。取り締まる府警も頭を抱える。

    警察庁によると、昨年6月から今年4月末に講習の対象になった危険行為は全国で
    1万3455件。大阪は4594件(34・1%)で、東京(3184件)、兵庫(1745件)が続いた。
    違反別では最多の信号無視が全国で5765件で、大阪はそのうち3074件と半数以上を占めた。

    危険行為はどのようにカウントされるのか。まずは、その行為を目撃した警察官が「指導警告」を
    する。従わなければ、刑事処分の対象となる交通切符(赤切符)を切る。これで一つの危険行為
    となる。

    一定期間に危険行為を繰り返すと、有料で講習を受けなければならない。4月末までに全国で
    21人が講習の対象になったが、このうち大阪が11人だった。府警によると、今後さらに3人の
    受講が予定されている。

    大阪では男女6人がピスト(競技用自転車)などブレーキのない自転車を繰り返し運転して講習を
    受けた。府警の調べに「ブレーキを外している方がかっこいいから」などと話したという。府警
    自転車対策室の居島伸一室長は「急に止まれず、事故のもとになる」と悪質性を指摘する。

    一方、昨年8月と今年1月に2度の信号無視を摘発されて講習を受けた70代女性は「左右から
    車が来なかった。急いでいた」などと理由を説明したという。

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5Z7WX5J5WPTIL02P.html



    【自転車の危険運転ワースト1は全数の3分の1を獲得した都道府県はあそこでした・・・】の続きを読む

    :shake it off ★@\(^o^)/ :2016/05/31(火) 10:25:02.27 ID:CAP_USER9

     歌手の浜崎あゆみが6月29日にリリースする新アルバム「M(A)DE IN JAPAN」を定額制の音楽配信サービスで先行配信すると発表した。

    「浜崎が先行配信したのは、『AWA』と呼ばれる定額制音楽配信サービスです。これは月々960円で参加しているアーティストの曲を何曲でも何度でも聴けるという音楽が聴き放題になるサービス。
    日本の音楽業界はCDの売り上げを重要視しているため、聴けるのはすでにリリースされたものが中心で、CDの発売前に先行配信するのは極めて異例です。浜崎はかなり思い切ったことをしたと考えていいでしょう。それもあって配信からわずか5日で再生回数が100万回を突破したそうです」(音楽関係者)

     ところが、これがここ最近落ち込んでいるCDの売り上げをごまかすためのものではないかと囁かれているのだ。音楽ライターが解説する。
    「100万回と言われるとすごそうに聞こえますが、販売されたのではなくて再生されただけなんです。AWAは月額の使用料を払えばどれを何度聴いてもいいわけですから、ユーザーは浜崎に興味がなくてもせっかく配信されているなら聴いてみようという気持ちになります。
    そのため再生回数は増えやすい傾向にあります。ここ数年、浜崎は新曲をリリースするたびに売り上げ減少をマスコミに取り上げられ凋落を報じられてしまいますが、CDより先に100万回という再生回数を発表してしまえば、いざCDの発売になって売り上げが少なくてもうやむやにすることができる。
    さらに『100万回なんてすごい! やっぱり浜崎は今でも日本を代表する歌姫だ』とファンに思い込ませることも可能です。うまい手を思いついたものです」

     ルックスの劣化が囁かれる歌姫のあがきは吉と出るか凶と出るか。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_11459/



    【浜崎あゆみが新曲発売前にCDの売り上げ激減をごまかす“秘策”を炸裂させた!】の続きを読む

    このページのトップヘ