:ナガタロックII :2016/03/19(土) 13:12:39.55 ID:ULjOCw2G0

    「暗黒の円舞曲を奏でる、漆黒を纏う乙女の為の料理包丁」と、「ハートの形をした刃とウサギのついた持ち手で、夢の世界へ誘うロリータ包丁」。
    斬新さの中に伝統の技量が確かに息づく製品が話題を呼んでいる。

    播磨国風土記の時代から鍛冶の町として知られる兵庫県三木市。播州三木打刃物の新たな時代を切り開くのは「世界初のロリータ包丁」だ。

    これらは「田中一之刃物製作所」の四代目・田中誠貴氏と、武器ブランド「TAKUMI ARMORY」がコラボしたもので、蝶と薔薇をモチーフにした、
    ヴィジュアル系の雰囲気も纏うゴスロリタイプの「JULIETTE」(198,000円/税込み)と、ハートとウサギがモチーフのロリータタイプ「Lappin」
    (168,000円/税込み)の二振り。

    この斬新すぎる包丁にネットは騒然、すでに大人気となっており、「完璧。2本とも欲しい」「包丁なのかどうかわからないけれど買いたい」
    「買って、ヤンデレ化した恋人に刺されるところまで想像できた」「これが日本だ!」といった称賛が相次いでいる。

    http://www.narinari.com/Nd/20160336718.html



    【【画像】世界初の「ロリータ包丁」に騒然!!! 「これが日本だ」と称賛相次ぐ!!】の続きを読む

    :ムーンサルトプレス :2016/03/20(日) 10:17:21.89 ID:ciEQ/GOb0



    かかしといえば、服を何点かと帽子を棒にひっかけた不出来なもの、というイメージがありますが、
    人民日報オンライン版によりますと、中国河南省洛陽市の建築現場で様々な形や大きさのかかし約100点が展示されているそうです。













    地元での報道によると、この工事は新しいサファリパーク建設のためのものだとのこと。
    これらのかかしは、ちょっとしたオープニングのイベントとして展示されているそうです。
    かかしは、カラスが農作業の邪魔や栽培中の作物や植えたばかりの種を食べたりないように開けた田畑に設置されることが多く、伝統的には人間の形をしています。
    これでカラスを追い払えるのか、という疑問は残りますが、なんだかとっても楽しそう。
    http://www.lifeaction.top/%E4%B8%96%E7%95%8C/56856957.html


    【【画像】中国のカカシのクオリティが高すぎると話題に これはスズメも近寄れん・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ