「手相」は東洋の占いというイメージが強いが、実は西洋には12世紀から「Palmistry(パーミストリー)」と呼ばれる
    手相術があった。今回はその手相のちょっと変わった話題をお伝えしたい。

    ■全人口のわずか3%が持つ「X印」とは
    古代の科学である手相術はヒンドゥー・ヴェーダ占星術にルーツを持つ。「Palmistry(パーミストリー)」はインドが
    発祥の地で、その後チベット、中国、エジプト、ペルシャ(現在のイラン)を経て世界中に広がったと考えられている。
    エジプト学者たちの中には、マケドニアのアレキサンダー大王は手のひらに変わった印が付いていたという意見を唱える
    者がいる。両方の手のひらにX型の線があったのだ。偉大なリーダーであったアレキサンダー大王はそもそも手相術に深い
    興味を持っており、彼の動きはすべて手相に沿って計画されていたというのだ。
    このX型の線を仮に「X印」と呼ぶが、これを持つ人は非常に少なく、全人口のわずか3%に過ぎないといわれている。






    モスクワのSTI大学の研究者たちは、このテーマを分析するため200万人を超える人々を調査し論文を発表した。そして、
    その研究でX印をどのような人が保有し、その人の運命を決定づけているかを報告している。
    この研究では生存者と死者の両方が調査対象とされ、手のひらに珍しいX印がある人たちには1つの共通点があることがわ
    かった。それは、X印を持つ人々は、何らかの偉大な功績を成し遂げて、代々人々の記憶に残るということだ。

    これらの人物は専門分野における著名な組織のリーダーか、あるいは名の知れた個人であるという。また、片手だけにX印
    がある人物は生きている間に有名になり、両方の手のひらにX印がある人物は、死後も歴史に名前が刻まれるとも報告して
    いる。
    この印を両方の手のひらに持つ人物には、先に挙げたアレクサンダー大王、そして第16代アメリカ合衆国大統領のエイブラ
    ハム・リンカーンがいる。そして現存する人物では、ロシアのリーダーであるプーチン大統領もこの印を持つ。オバマ前大
    統領も多くの写真を見ると、この印を持っていると思われる

    (以下略)

    http://tocana.jp/2017/10/post_14903_entry.html


    【お前らちょっと手見てみ? 選ばれし者のみが持つX型手相】の続きを読む

      

    (CNN)?世界中の天文学者が、太陽系を横切る素早くて小さな物体の動きを追っている。
    米航空宇宙局(NASA)は、この物体がすい星か小惑星かも不明としながらも、太陽系の
    天体の動きとは異なるため、太陽系外から飛来した可能性があるとの見方を示している。

    これが確認された場合、天文学者が観測した初の「恒星間の物体」になるという。

    NASAの地球近傍天体研究センターのポール・チョーダス氏は「我々は数十年間この日を
    待っていた」と言及。「恒星の間を飛び回り、ときには太陽系を通過することもある
    小惑星やすい星が存在することは以前から理論的に示されてきた。だが、探知されたのは
    今回が初めてだ。今のところ、あらゆるデータがこの天体が恒星間の物体である可能性を
    示しているが、今後さらに多くのデータが確認を助けてくれるだろう」と述べた。

    NASAによると、データ取得のため、世界中の地上の望遠鏡と宇宙望遠鏡がこの天体に
    向けられている。

    この天体は「A/2017 U1」と呼ばれ、米ハワイ大学の研究者が今月19日に同大の
    「パンスターズ1望遠鏡」を使って発見した。直径は400メートル以下で、秒速25.5キロで
    移動している。

    NASAによれば、この天体が地球の脅威となることはない。14日には地球から
    約2400万キロ離れた場所を安全に通過。今後はペガサス座の方向に進み、太陽系を
    脱出するとみられている。

    天体の名称は今後変わる可能性もある。この種の物体は初めてのため、国際天文学
    連合は新しい命名ルールの制定に迫られるだろう。
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35109513.html



    【太陽系を横切る素早くて小さな謎の物体】の続きを読む

      2017/10/29(日) 08:44:12.22

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000070-mbsnewsv-l27

    大阪府立高校の女子生徒が生まれつき茶色い髪を学校から黒く染めるよう
    強要され精神的苦痛を受けたとして訴えを起こしました。

    訴状によりますと、羽曳野市にある府立懐風館高校3年の女子生徒(18)は
    生まれつき髪が茶色で、入学時に母親が学校側に配慮を求めていました。
    ところが教諭らは「金髪の外国人留学生でも規則なので黒く染めさせる」と
    母親に告げ、黒く染めるよう繰り返し指導。女子生徒は、頭皮がかぶれるほど
    黒染めを繰り返してきましたが「黒染めが不十分」と指導され、去年9月以降、
    不登校になりました。

    生徒側は「精神的苦痛を受けた」として、府に約220万円の賠償を求めています。
    一方、大阪府側は27日の第一回口頭弁論で請求の棄却を求めました。
    大阪府教育庁は、取材に対し「原告の主張は事実と異なる点もあるので、
    今後の裁判で明らかにしたい」としています。


    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509229938/
    1が建った時刻:2017/10/29(日) 05:49:39.78



    【府立高校「例え金髪の留学生が来ても黒髪に染めさせる」】の続きを読む

    このページのトップヘ