2015年06月

    :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2015/06/24(水) 10:41:12.80 ID:???

    今月14日、内村光良主演のテレビドラマ「ボクの妻と結婚してください。」(NHK BSプレミアム)が最終回を迎えた。
    同作品で主演を務めた内村は、現在8本のレギュラー番組を持ち、さらに秋からは2本の新番組が開始するなど、その勢いはしばらく収まりそうにない。

    「内村の笑いは人を傷つけないため、通常のバラエティ以外に、ファミリー向け番組のMCでも安心して任せられます。
    また彼は昔から、どんな立場のスタッフに対しても面倒見がいいですから、当時のADから出世し、現在キャスティング権を持つ局員などからも声がかかりやすいのです」(業界関係者)

    それほど多くのスタッフから愛され、現在はバラエティに引っ張りだこの内村。
    しかし元アナウンサー・徳永有美と結婚して以降、テレビ朝日だけはいまだに彼を起用していない。

    「出禁状態にあるのは、やはり徳永アナとの過去の問題が原因なのでしょう。
    バラエティ番組「内村プロデュース」(テレビ朝日)のアシスタントを務めていた徳永は、打ち上げで内村と意気投合して以降、デートを重ねるようになりました。
    しかし、当時、彼女は既婚者の身。彼女の夫はある日、内村と徳永がお忍びで行っていた温泉旅行に関するメールを発見し激怒したそうです。
    そんな夫は徳永に退社を要求し離婚。一部報道によると、内村には5000万円もの慰謝料を要求し払わせたと言われています。
    徳永の夫は、テレビ朝日のディレクターでしたから、現在売れっ子であろうとも内村だけは起用するわけにはいかないのでしょう」(芸能誌記者)

    略奪婚からすでに10年が経過。「ボクの妻と結婚してください。」という、ある意味皮肉なタイトルのドラマに主演した内村は今、何を思うのだろう。

    http://dmm-news.com/article/983147/
    アサ芸プラス 2015.06.24 09:58


    【5000万払っても出禁状態!!!人気絶頂の内村光良を恨み続けるテレ朝の面子】の続きを読む

    :オムコシ ★ :2015/06/24(水) 02:44:46.93 ID:???

     2011年に東京ドームでコンサートを行った水樹奈々を筆頭に、今や声の仕事だけではなく、多岐にわたる活躍を見せる声優。
    アニメファンの中にも、キャラではなく声優本人のファンを公言する層が現れるなど、まさに新たな花形職業として注目されているが、華やかな世界の裏には闇が広がっているのが世の常である。

     声優界のダークな部分を見てきたという元声優の女性・Uさんは、その悲惨さをこう訴える。

    「私はもともとアニメが好きで、それが高じて声優を目指しました。
    養成所に通い、幸運にもそのまま事務所に所属できたのですが、もらえる仕事は『がや』と呼ばれる、
    街中の雑踏や学校内の声といった効果音のような役ばかりで、ギャラもめちゃくちゃ安かったです。
    それだけではとても生活できないので、水商売をはじめ、いろいろなバイトに明け暮れました」

     本業だけでは食っていけず、バイト三昧の日々。
    売れない役者などからもよく聞く話だが、声優界にはそんな人のための救済処置のような仕事があるという。

    「初めて『がや』以外の仕事をゲットしたのは、いわゆるアダルトアニメでした。
    もともと、アダルトアニメで声優が修業するというのはよくある話で、有名な声優も下積み時代に出ていたりします。
    それで、私は普段とは違う芸名でアダルトアニメの仕事を多くこなすようになりました。
    それでも、まだ声優の仕事だけでは生活できませんでしたが、だいぶ収入が増えてうれしかったです」(Uさん)

     芸名を変えて、アダルトアニメに出演する。役者であれば、芸名を変えてアダルトビデオに出演しても顔でわかってしまうため、声の仕事ならではの事情といえる。
    そうやって、着実にキャリアを積んでいったUさんだが、衝撃的な出来事に遭遇してしまったという。

    「ある日、事務所の中堅の先輩に呼ばれ、『アニメの仕事を紹介したい』と言われたのです。
    話を聞くと、深夜アニメの登場人物の仕事でした。
    敵役でしたが、それなりに登場回数が多いキャラのようで、『やっと努力が実った』と思いました。
    でも、そのあと演技指導をしてもらった時に、『君はアダルトアニメを多くこなしているわりに、大人の女性の演技が下手だねぇ。
    エッチの経験が足りないんじゃない?』とセクハラまがいのことを言われまして……。
    最初はスルーしていたのですが、どうやら私が“実技指導”に応じれば、その役を回すということみたいで。
    あぁ、枕営業ってこの世界にもあるんだなって思いました」(同)

    ◆BL疑惑のある大御所声優とは

     Uさんはその先輩の誘いを断ったが、ほどなくして周囲で「Uは体を使ってアダルトアニメの仕事を取っている」
    「誰とでも寝るヤリマン」という噂が流れ始めたそうだ。
    いたたまれなくなった彼女は事務所を辞め、声優界に別れを告げた。

    「もう、それこそ安っぽいアダルトアニメみたいな展開でしょ? でも、こういうことが実際にあるんですよ。
    まぁ、私がアダルト関係の仕事をたくさんしていたから、そういう女だと思われたのかもしれませんが……。
    でも、女の枕営業もそうですが、実は声優界はボーイズラブ(BL)が多いという噂もかなりあります。
    大御所にソッチの方が多いらしくて。
    例えば、Mさんはもう還暦を超えていますが、若くてかわいい系の男子が大好物で、ちょくちょくつまみ食いしているそうです。
    新宿二丁目とかでも、若い子を連れ回している姿が目撃されています」(同)

     アダルトアニメのバイト、枕営業の強要、大御所の男色疑惑……。
    人気商売にありがちな裏の顔が、声優の世界にも広がっていることは確かなようだ。
    それどころか、“顔出し”が少ない業界のためか、性に関しては芸能界よりも深い闇が存在している気配すらある。
    (文=編集部)

    http://biz-journal.jp/2015/06/post_10485.html


    【汚れた声優界の裏側暴露!枕営業強要、大御所にゲイ疑惑】の続きを読む

    :風吹けば名無し@\(^o^)/ :2015/06/24(水) 09:53:49.50 ID:m4yspmfia

    http://livetests.info/load/20150624-095045-071.jpg
    http://livetests.info/load/20150624-095104-582.jpg
    http://livetests.info/load/20150624-095113-147.jpg
    http://livetests.info/load/20150624-095119-929.jpg
    http://livetests.info/load/20150624-095121-568.jpg
    http://livetests.info/load/20150624-095132-477.jpg
    http://livetests.info/load/20150624-095136-981.jpg
    http://livetests.info/load/20150624-095146-222.jpg
    http://livetests.info/load/20150624-095155-213.jpg



    【現在の橋本環奈wwwwwwwwwwww】の続きを読む

    :海江田三郎 ★ :2015/06/23(火) 14:21:45.05 ID:???

    http://toyokeizai.net/articles/-/74113
    黒いリクルートスーツに身を包んだ学生が街中に溢れる季節が今年もやってきた。
    経団連(日本経済団体連合会)の取り決めで、「後ろ倒し元年」と呼ばれるように就職活動の時期が
    従来から3〜4カ月繰り下がったことにより、6月の今この時期が就活の実質的なピークとなっている。
    就活生の多くが気にしているのが、「学歴フィルター」だ。新卒採用をしている企業が特定の大学以外の学生を、
    事実上選考の対象から外すというもの。その存在自体は就活生の間で周知の事実ではあるが、
    基準は企業によって異なり、実態はなかなかつかめない。学生は戦々恐々とするほかないのである。

    法政よりも慶応を優先?
    現在法政大学に通う4年生のAさんは「MARCHの中で法政は評価が低めというのが学生の認識。
    超大手企業の内定はそもそも期待していない」と話す。関東以外の人にとっては耳慣れないかもしれないが、
    「MARCH」とは首都圏の有名私立大学5校を指した略語で、
    M=明治大学、A=青山学院大学、R=立教大学、C=中央大学、H=法政大学、からそれぞれ頭文字を取っている。
    Aさんも「学歴フィルター」を強く意識する就活生の一人だ。フィルターの在り処を知りたい―。
    Aさんの友人は、とある超大手企業の応募用アカウントを二つ作った。一つは法政大生として、
    もう一つは「格上」の慶応義塾大学の学生を装って。すると、法政で登録したアカウントのほうが、
    会社説明会の予約開始時間が遅くなったという。
    これは「時差告知」と呼ばれる仕組みだ。企業が説明会の予約を募る際、定員の埋まり具合を見ながら、
    予約を開始した旨を告知する大学の範囲を徐々に広げるというもの。ある就職情報会社が開発したシステムが使われている。
    つまりこの企業は、法政大より慶応大の学生に説明会に来てほしかったということだ。
    就職関連の調査会社、HR総研が今年の2016年卒採用において重点的に学生を採用したい大学について調査をまとめている。
    それによれば、47%の企業がGMARCH(MARCHと学習院大)と
    関関同立(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)をターゲット校にしている。
    これは旧帝国大学(東京大、京都大など)の33%、早慶上智(早稲田大、慶応大、上智大)の28%など、
    ほかのどの大学グループよりも高い数値だ。

    企業の人事関係者の話を総括すればこうだ。人気の大手企業は東大や早慶上智を中心にしつつ、
    GMARCHまで視野に入れている。一方、中堅企業はMARCHを中心に、それ以下の大学からも採りたいと考えている。
    Aさんの友人が応募した企業は前者であり、MARCHから採用しないことはないが、優先度は低いと見られていたということだ。
    就活に対する意識を聞いても、早慶は強気な一方、MARCHの学生は「何とかエントリーシートは通るレベルにはある」と、
    競争率の高い超大手企業のフィルターにはギリギリ引っかかる程度という認識はあるようだ。

    MARCH生の就活が景気変動に最も左右
    言い換えれば、MARCHの学生が景気による企業の採用意欲の変動に最も振り回されるということ。
    総合商社の元幹部は「2008年のリーマンショック後に最も苦労したのが明治大の学生だった」と振り返る。
    明大は2005年以降に志願者数を大きく伸ばすなど、勢いがあった。大手の人気企業への就職も増えた。
    そうした先輩たちの成功談を聞き、リーマン後の就活に臨んだ学生も強気で超大手に挑戦した。
    しかし企業の側は採用人数を大きく絞っており、MARCHを選考対象から外すことが増えていた。
    その結果、リーマン前のイメージで就活に臨んだ明治の学生がいつまでたっても内定を得られないという事例が続いたというのだ。
    MARCHと早稲田、慶応を総称した早慶MARCHは、“ビジネスマン養成所”ともいわれ、
    日本の大学を語る上で無視できない存在となっている。2015年度入試の志願者数(延べ数)も約54万2000人と膨大だ。
    週刊東洋経済最新号では就職や出世の事情、入試の今、そして付属校の内実などに迫った。
    HR総研の調査での数値に表れている通り、企業内でのポジショニングはともかく、
    MARCHは幅広い企業からターゲットとされている。同じく私学の“ボリュームゾーン”である早慶と合わせれば、
    企業にとって存在感の大きい大学群だ。ある程度ツブのそろった人材を大量に供給してくれるこうした大学は、
    企業にとって好都合な存在といえる。
    東京大学には及ばないものの、就職後の「出世」でも早慶MARCH出身者は善戦する。
    “最強の同窓会”とも称されるOB・OG組織「三田会」を擁する慶応大、卒業生数で圧倒する早稲田大はもちろん、
    名門法学部を持つ中央大、そして明治大は、幅広い業界に多くの役員を輩出している。


    【「学歴フィルター」早慶とMARCHの大きな差、ふるいにかける企業側の本音!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ