2015年08月

    :オムコシ ★ :2015/08/30(日) 23:30:41.64 ID:???

    イラストレーターのシバタヒカリさんがTwitterに投稿した短編漫画「笑えない話を笑いとばそう」が、
    「胸が熱くなった」「泣ける」と多くの人に注目されている。
    この漫画は、8月28日に友人2人とJR新宿駅を利用した際に、目が不自由な男性に遭遇したエピソードを描いたものだ。
    金曜の夜といこともあり、多くの人でごった返して、思うように進めず困っていた男性を道案内したエピソードを紹介している。
    シバタさんが30日に投稿した作品は、わずか半日で8000回を超えてリツイートされている。










    https://twitter.com/sunny_615/status/637669714869645312

    http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/29/shinjuku-comic_n_8060300.html


    【【画像】目が不自由な男性の言葉が胸を打つ。漫画「笑えない話を笑いとばそう」】の続きを読む

    :ランサルセ :2015/08/31(月) 02:49:25.98 ID:X12A1REy0

    パクリ文化の奥深さという点で中国と双璧をなす韓国の、とある企業がまたやってくれそうだ。その企業は韓国
    最大手の自動車メーカー、ヒュンダイ(現代)自動車。販売台数が低迷しているうえ、ウォン高による輸出採算の
    悪化で厳しい経営が続く同社が起死回生を狙って年内にも投入する新型車が、トヨタ自動車のベストセラー車
    「プリウス」と酷似していると話題になっているのだ。そもそもパクリ疑惑には事欠かない現代自だが、よりによって
    トヨタの代名詞的な存在のプリウスにまで触手を伸ばすとは…。日本車キラーとして急速に世界で販売を伸ばした
    勢いがすっかり消え失せた現代自動車の苦境を一層鮮明にしているともいえそうだ。

    「似すぎている…」

    そう専門家たちを騒然とさせているのが、今年に入り、自動車専門メディアで開発状況とその姿が何度か
    “スクープ”されている、その名も「プリウスハンター(通称)」。

    http://www.sankei.com/premium/news/150831/prm1508310002-n1.html
    上が現代自動車が開発を進めているハイブリッド専用車「プリウスハンター(通称)」(ユーチューブから)。
    下がトヨタ自動車「プリウス」。ネット上などでシルエットが似ていると話題になっている



    【【画像あり】韓国現代自動車がモロパクリ・・・その名も「プリウスハンター(通称)」】の続きを読む

    このページのトップヘ