2016年02月

    :ときめきメモリアル :2016/02/27(土) 23:43:22.91 ID:EdRbOiRP0

    本日放送された『めちゃ×2イケてる』の4時間スペシャルで三中がめちゃイケオーディションを受け直し
    「サンプライズ」というコンビとして漫才を披露した。投票は視聴者が行ういわゆる国民投票。

    しかし三中の合格発表前に、ネット配信のゼロテレビ『めちゃユル』のウェブサイトに「三ちゃん不合格残念会」と
    表示されていたのだ。

    投票が始まるのは22時55分、しかし54分には既に「不合格残念会」と表示されていたという。
    これに対してリスナーが指摘しており、「ヤラセ確定じゃねえか」と激怒。

    ゼロテレビの公式アカウントは「ゼロテレビの公式ホームページにて不適切な掲載がありました。
    誠に申し訳ございませんでした」と謝罪を行っている。どうやら不合格を先に掲載したことに対して謝罪しているようだ。

    現在は表記が「三ちゃん祝勝会 or 反省会」に変更されている。複数用意していたテロップを誤って
    表示させてしまったのかも含めて説明しないと「ヤラセ」と言われかねない。

    再度Twitter、もしくは公式サイトで説明してほしいものだ。
    ちなみにこの表記の箇所は画像になっており、「banner160227_01.png」「banner160227_02.png」「banner160227_03.png」という
    画像が用意されている。
    単純に数字の入力ミスのようである。

    banner160227_01.png … 「『めちゃタメ』生配信!」
    banner160227_02.png … 「三ちゃん祝勝会 or 反省会」
    banner160227_03.png … 「三ちゃん不合格残念会」

    http://gogotsu.com/archives/16054





    【【ヤラセ】めちゃイケの三中の投票開始前に『めちゃユル』のウェブサイトに「不合格」と掲載】の続きを読む

    :海江田三郎 ★ :2016/02/27(土) 16:11:11.72 ID:CAP_USER

    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48029

    ことしも大学生や高校生の就職活動が始まる。それに先駆け、政府の規制改革会議は2月22日、
    東京・霞が関で「多様な働き方」をめぐって公開ディスカッションを開いた。就職・転職は新卒に限らず、
    人生の大きな選択だ。良い職場を選ぶためには、何が必要なのか。

    参加したのは、厚生労働省をはじめ日本労働組合総連合会(連合)、経済界の代表や就職事情に詳しい有識者、
    経営者らだ。会議の模様はインターネットで中継され、私は司会を務めた。そこで印象に残った点を報告しよう。
    私が印象深く聞いたのは、就職関連ビジネスを展開している寺澤康介「ProFuture」代表取締役社長
    (中央大学大学院戦略経営科客員教授)のプレゼンテーションだった。
    以下、関連資料は内閣府のホームページ(http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/discussion/160222/gidai/agenda.html)で入手できる。

    寺澤氏によれば、かつては例えば20人の採用枠に800人程度の応募者があった企業に、
    いまはエントリーシート(ES)で10万人の応募があるという。競争率にすると、40倍から5000倍に跳ね上がった形だ。
    ただし競争率が5000倍になったからといって、会社が応募者全員のESをていねいに読んでいるわけではない。
    実際には大学名で足切りして、重点的に採用する大学(ターゲット校)からの志願者をふるいにかけているのだという。

    その結果、何が起きるか。
    学生たちは時間をかけ工夫を凝らしてESを書いたとしても、多くは徒労に終わってしまう。なにせ読んでくれないのだから。
    それでも多くの企業は「大学名で足切りする」と表立って言わないので、学生たちはせっせとESを書くはめになる。
    壮大なロスをいかにして防ぐか
    学生にしてみれば「応募しないことには始まらない」と思って、5000分の1のチャンスにかけるのだ。夢破れた多くの学生はどう思うか。
    寺澤氏によれば、彼らの本音は次のようだ。
    「嘘をつかないでほしい」「学歴フィルターがあるならあるで明言してくれたほうが清々する」「透明性のある選考を」「選考基準が全然分からない」
    「なぜ落とされたのか分からないと改善しようがない」「選考でないと言いながら選考するのはやめてほしい」
    学生がもっとも企業に「改善して欲しい」と思っているのは「サイレントお祈り」だそうだ。聞き慣れないが、何かといえば、
    企業が採用を断った学生に対する決まり文句である「他社でのご活躍をお祈りします」というメールを出さずに(だからサイレント!)断る例だ。
    「採用する場合は連絡します」というが「採用しない場合は連絡しません」なので、学生は合否が分からず、
    期待を抱いていつまでも連絡を待つハメになる。これはひどいと思う。こういう企業は、そもそも社会的存在として許されないのではないか。
    学生をきちんと相手にしていない。
    寺澤氏は「学生の心が折れて、社会人になる最初の段階で社会に不信任を抱くきっかけになる」と訴えた。
    1人で50社、100社とESを書いて送る学生はざらだ。それを読んでもくれないのは、学生にとって「壮大なロス」になるのは間違いない。
    そんな現状をどう改善したらいいか。寺澤氏は大学の就職部(キャリアセンター)や欧米で広がっているSNS(ソーシャルメディア)、
    ダイレクトリクルーティングの活用を提言した。
    企業から求人票が集まる大学の就職部は、かつて学生と企業の窓口として機能した。
    だが、いまネット上の就職ナビサイトがそれにとって変わり、ほとんどの学生は就職ナビを通じて情報を得ている。
    そういう仕組みが大量のESが生み出す原因にもなっている。
    企業から掲載料を受け取って運営している就職ナビや転職ナビは手軽な反面、そこから企業に不利な情報は出てこない。
    また中堅・中小企業は大手・著名企業の陰に隠れて注目もされにくい。つまり情報はあふれているが、十分でなく効率も悪いのだ。



    【【悲報】やっぱりあった「学歴フィルター」 就活の達人が語った、実に残酷な採用の話】の続きを読む

    :◆ :2016/02/27(土) 17:14:00 ID:to9

    人工知能は日々進化しており、「あと10年は先」と言われていたにもかかわらず、
    2016年1月についにコンピューターが囲碁でプロ棋士に勝利したと報じられました。
    「人工知能はなぜ人類が宇宙人と遭遇しないのかを説明する」
    「人工知能は人類を滅ぼす可能性がある」など、一般人の予想をはるかにこえた
    スピードで発達していっている人工知能について、今知っておくべき10の事柄が
    テクノロジー系メディアAlphrでまとめられています。

    Artificial intelligence: Ten things you need to understand | Alphr
    http://www.alphr.com/science/1002792/artificial-intelligence-ten-things-you-need-to-understand

    ◆01:人工知能は人々の想像よりも発達スピードが速く、しかもますます速度を増している

    発明家レイ・カーツワイル氏は「科学技術は直線グラフ的ではなく指数関数的に進歩する」という
    「収穫加速の法則」を提唱しました。実際のところ、人工知能に関しては20世紀全体の
    進み具合よりも2000年から2014年の進み具合の方が大きいと見られています。
    カーツワイル氏は2021年に至るまでに同じ事が再度起こると主張しており、
    未来における科学の発展は指数関数的なものの見方がカギとなるだろうと語っています。

    ◆02:実は毎日利用している

    「人工知能」と聞くとSiriやGoogle Now、Cortanaなどを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、
    実際のところ、掃除機からテレビゲーム、ハリウッド映画における特殊効果にまで、
    さまざまなところで人工知能は利用されています。
    この点について、人工知能の名付け親であるジョン・マッカーシー氏は
    「人工知能が世の中に広がりだせば、すぐに誰も『人工知能』と呼ばなくなる」と語っていました。

    ◆03:ロボットは人々の仕事を奪う

    ライス大学のMoshe Vardi教授は、来る30年で人間の仕事はロボットが行うようになり、
    失業率は50%を越える、と予測しています。最悪な未来がやってくるように聞こえるかもしれませんが、
    「人々は生活のためでなく、喜びのために働くようになる」と予想する研究者も多く、
    現在では来る社会に備えて、
    国家が生活の最低限の資金を提供するベーシックインカム構想についての研究も進んでいます。

    続き GIGAZINE
    http://gigazine.net/news/20160226-artificial-intelligence-ten-things/

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 38◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456306524/344



    【【科学】人工知能について今知っておくべき10の事柄】の続きを読む

    このページのトップヘ