2016年04月

    :影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ :2016/04/30(土) 11:30:59.27 ID:CAP_USER9

    2016年4月29日、人気グループAKB48のメンバーが、ラジオ番組で「中国の台湾へ行く」と語ったことが、
    台湾のネットユーザーを激怒させている。中国時報が伝えた。

    今月27日に放送された「AKB48のオールナイトニッポン」には、AKB48メンバーから小嶋真子、高橋朱里、岡田奈々の3人が出演。
    ここで繰り広げられたトークの中で、小嶋が「中国の台湾でファンミーティングをする」と語り、
    岡田がこれに同意した部分が、台湾のネット上ですぐさま話題に上った。

    今年初め、韓国のガールズユニットに所属する台湾人メンバーが、「台湾独立支持派」として中国でバッシングを浴び、
    謝罪動画を発表する騒動があったばかり。台湾でも人気のAKB48だけに、芸能人の問題発言として注目されている。

    ネットユーザーからは、「美人でもなければ脳みそも足りない」「こんな発言をしておいて、まだ台湾に来る気だろうか?」
    「事務所は中国マネーが欲しいようだ」と、メンバーやグループ運営側に対する批判が噴出。

    「とは言っても、『台湾は中国じゃない』と謝罪するとは思えない」とため息交じりの声も聞かれる。
    http://www.recordchina.co.jp/a137191.html



    【AKB48メンバーの発言に、台湾人激怒!!!】の続きを読む

    :朝一から閉店までφ ★ :2016/04/29(金) 15:13:42.22 ID:CAP_USER

    ニコニコ超会議

    NEW!2016-04-29 13:29:51

    テーマ: ブログ
    ニコニコ超会議にきました。


    溶け込んでるかな?

    松竹ブースもあったから寄ったよ(^ω^)




    誰でもお姫様、殿様体験ができるみたい
    (^ω^)



    身長たりなくてこんな状態になっちゃった。

    松竹スタッフさん!
    椅子を用意した方がいいですよ!!
    これじゃあ、子供ちゃんが
    やれないからね。




    ラブライブ!のセンター
    高坂ほのかちゃんのコスプレ




    どうかなぁ(^ω^)



    途中
    あまりの人の多さに

    我に帰りました。



    ニコニコ超会議盛り上がっております!

    http://ameblo.jp/kintalotanaka/entry-12155120044.html?timestamp=1461905097


    【【画像】キンタロー。さん、ほのかちゃんのコスプレで登場】の続きを読む

    :湛然 ★@\(^o^)/ :2016/02/24(水) 20:54:15.61 ID:CAP_USER

    2016.2.24 14:19

    女優、綾瀬はるか(30)が24日、東京・渋谷のNHKで行われた主演する大河ファンタジードラマ
    「精霊の守(も)り人」(3月19日スタート、土曜後9・0)の試写会に出席した。

    同作は3年にわたり全22話を放送。架空の国の幼い王子を魔物から守る用心棒(綾瀬)の冒険を
    独特の映像美と壮大なスケールで描き、今回はシーズン1として4週連続で放送する。

    綾瀬は劇中、やりを使った本格的なアクションシーンに挑戦。
    事前に半年間、筋トレなどをして撮影に臨んだが「やりを振り回すと体がぶれるし、
    足で『ふん!』と踏ん張れなくて…。撮影初日で心が折れそうになりました」と告白。

    これに共演の女優、高島礼子(51)が「はるかちゃん、ワンカットで10回も20回も練習してたし。
    代役も立てなかったし、昔の立ち回りよりレベルは高いと思った」と絶賛していた。

    ほかに王子役の子役、小林颯(かい=10)も出席。
    演技について「まだまだ進化したいです」と大人顔負け? の発言で盛り上げていた。


    ・NHK大河ファンタジー「精霊の守(も)り人」の試写会に出席した左から小林颯、綾瀬はるか、高島礼子=東京・渋谷


    http://www.sanspo.com/geino/news/20160224/geo16022414190024-n1.html


    ‖その他の画像‖






    ・高島礼子さんが特殊メークで演じる呪術師・トロガイ=NHK提供



    【綾瀬はるか、『精霊の守り人』で本格アクション挑戦 「撮影初日で心が折れそうになりました」】の続きを読む

    このページのトップヘ