2016年04月

    :YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2016/02/27(土) 10:41:54.27 ID:CAP_USER

    人前に出る職業は、なかなかつらいものだ。人は歳を取るにしたがって、最も目立つ場所をカバーしてくれるものを失ってしまう。
    そして、それをカバーしようと何かを被らせてしまえば――急に増えたということで疑われてしまうのだ。
    山に生えている木々は毎年葉を落とし、そして再び繁らせるというのに。
    なぜ我々人間は、人生を半分も終えていない段階で繁らなくなっていくのか……
    そんな時の流れに逆らってきたスポーツ選手、そして監督をご紹介しよう。

    スティーブ・クラリッジ





    ポーツマスの下部組織で育ったスティーブ・クラリッジは、イングランド代表の経験は持っていないものの、
    英国サッカーファンには有名な選手だ。
    プロ、セミプロ問わず様々なクラブに所属し、出場した試合は1000以上。しかも2011年に現役に復帰したとき、
    彼はもう45歳になっていたのである。
    そのシーズンにはセミプロとはいえ11試合で4ゴールをあげているのだから、まさしく「レジェンド」であった。
    一時期は喜び勇んで髪を伸ばしていたが、最近はまた短く揃えている。飽きたのだろうか。

    ユルゲン・クロップ



    「サッカーでは三流のディフェンダーだったが、頭脳は一流だった」と話すクロップ監督。
    マインツで指導者として台頭し、ボルシア・ドルトムントでドイツを制覇。ついに自身が愛するリヴァプールへとやってきた。
    高い最終ライン、素早い押し上げをベースとする激しい「ゲーゲンプレッシング」で、早めに生え際も押し上げてきた。
    非常に巧みなサッカーを構築するクロップ監督。いつ「補強」したかも意外に分からない。
    さすがにヘアーマネージメントにも長けている。

    ディートマー・ハマン



    ユルゲン・クロップとは同じリヴァプールに所属した経験を持ち、同じドイツ人で、そして同じ補強をした……という強い絆を持つ。
    2011年にMKドンズを選手兼監督として率いた後、レスター・シティのコーチ、ストックポート・カウンティの
    監督を経て指導者としてのキャリアを一旦終えた。
    その後はメディアの仕事に移っていったことからか、2015年にしっかり大きな投資をして「補強」した。
    そのおかげで仕事も順調だ。

    クリス・ボイド


    https://pbs.twimg.com/media/CbvYJfsWAAExEWD.jpg

    かつてキルマーノック、グラスゴー・レンジャーズで圧倒的な得点力を発揮したスコットランド代表ストライカー。
    中村俊輔選手がセルティックにいた時、ライバルのエースだったことで有名だ。
    イングランドやアメリカでは活躍できずに終わり、現在は母国でプレー。
    昨季は古巣レンジャーズで成功できず、今季キルマーノックに戻って再起を図っている。
    それに向けてボイドが行ったのが、例の「補強」だ。
    グラスゴーの病院で2日間にわたって処置を受け、失われた1762本の毛穴を埋めることに成功した。

    ジェームズ・マクファーデン





    かつてエヴァートン、バーミンガム、サンダーランドでプレーしていたことで知られる元スコットランド代表の名アタッカー、マクファーデン。
    エネルギッシュな汗かきプレーで知られた彼は、やはり消耗が激しかったのだろうか……
    上下逆にしても人の顔に見えそうな感じになっていたが、「補強」で生まれ変わったようである。


    【【サッカー】男ならば…!頭髪を補強した10名の選手&監督たち】の続きを読む

    :[Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! 逆落とし :2016/04/29(金) 19:35:35.50 ID:cqtphD8N0

    2日で1億円の損失www

    https://twitter.com/daisensei777
    貯金3億円男★大先生【FX億トレーダー】@daisensei777
    先ほどの本日安値でマイナス6000万円
    昨日の朝がプラス4000万だったので、たった2日で1億円の損失…
    ブルーハーツの動画を何時間も見続けて現実逃避してました
    NZD円L2800枚、AUD円L700枚、少し戻して含み損5296万円



    【ドル円レーザービームをモロに食らって2日で一億円物故いたツワモノが登場!】の続きを読む

    このページのトップヘ