2016年06月

    :砂漠のマスカレード ★ :2016/06/16(木) 05:12:57.39 ID:CAP_USER9

    女性、特に単身女性と母子家庭の貧困が社会問題となっている。
    前回に引き続き、平均年収全国最下位、離職率全国1位に苦しむ沖縄で貧困に苦しむ女性のルポをお届けする。
    このルポは「総論」を語るものではなく、あえて「個人」にクローズアップしている。
    そこから浮かび上がってくる真実があると信じているからだ。われわれは、現実に起きていることから目をそむけてはならない。 

    沖縄最大の歓楽街・松山には、性風俗が密集する。路上にはスーツ姿の若い男性キャッチがあふれ、一晩中立ち、ひっきりなしに声をかける。
    歓楽街の真ん中にある雑居ビル前で、男性ピンサロ経営者・上地氏(仮名)を待つ。
    縄の住人たちの夜の始まりは、遅い。21時を過ぎてから、出勤する女性が続々と前を通り過ぎる。
    雑居ビルでは、数店の風俗店が派手にネオンを灯す。しかし、上地氏が経営するピンサロは、いくら探してもそのビルにはなかった。

    「うちは違法店だから、看板はないのですよ。空テナントに見えるここが、うちの店です。白看板の営業です」

    現れた上地氏は、恰幅のいい男性だった。3階の真っ白のプレートが掲げられた店を指して、そう言う。
    22時に開店、朝5時まで営業する。
    風営法でキャバクラや店舗型風俗店の営業時間は深夜0時か1時までと定められているが、松山では基本的に誰もコンプライアンスを守っていない。

    ■ 「本番」の価格は40分1万円

    エレベーターを降りると殺風景な扉があった。インターホンを押すと中から若い店員が鍵を開ける。
    1メートル先の人が見えないほど暗い。大音量の音楽が流れている。店内には、べニア板で仕切られたプレールームがあった。学園祭のような手作りだ。

    「店舗型ピンサロは風営法の許可を得ようがないので、無許可。完全な違法営業です。だから、沖縄のピンサロは看板出さない。
    税金も払ってないですね。お客さんはキャッチが集める。
    価格は時期によるけど、40分1万円が基本。本番で1万円です。観光客が多い時期や週末は、1万3000円とか値段を高くする。
    暇なときは40分9000円とか8000円まで下げることもある。それと地元の人間と観光客で値段を変える。
    沖縄の人間はカネがないから、値切りの交渉に応じることもある」

    価格は観光客か地元住民か、そして季節、天候、人出によって変動する。40分1万円は、安価な価格帯だ。
    路上で声をかけるキャッチが観光客か地元住民かを見分け、価格交渉して客を看板のない店に誘導する。
    女性はシャワーのない狭い部屋で、40分以内で客と本番する。
    女性の取り分は売り上げの半分、キャッチは売り上げの1割、残った4割が店の収入となる。

    貧困が蔓延する沖縄出身の風俗嬢たちは、ほぼ全員が経済的な理由でその仕事に就く。
    夜の仕事は大都市圏と異なり、職種によって階層がある。上からキャバクラ→デリヘル→店舗型ヘルス→
    ソープ→ピンサロ(抜き屋)→ちょんの間、という順位で、キャバクラで働けるスペックの沖縄出身の女性が、違法店で本番を売ることはない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160616-00122821-toyo-soci
    東洋経済オンライン 6月16日(木)5時0分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160616-00122821-toyo-soci.view-000
    5歳の子供がいるシングルマザー、照屋由美子さん(33歳、仮名)



    【沖縄の貧困の残酷な現実・・・・】の続きを読む

    :フェイスロック :2016/06/15(水) 23:59:21.60 ID:CqbqRCub0

    名古屋市は15日、同市中川区篠原橋通2の1にあるうどんチェーン店「丸亀製麺 松葉
    公園店」で14日夜に食事をした8〜84歳の男女計18人が下痢や嘔吐などの食中毒症
    状を訴えたと発表した。1人が入院中だが、いずれも快方に向かっているという。

     市によると、18人は14日午後10時ごろから症状を訴え、調べると、いずれも同店で
    期間限定メニューの「麦とろ牛ぶっかけうどん」を食べていた。中川保健所は、このメニュー
    が原因の可能性があるとみている。食品衛生法に基づき、再発防止策が取られるまでの
    間、同店を営業禁止処分とした。

    http://www.daily.co.jp/society/national/2016/06/15/0009189969.shtml



    【【悲報】丸亀製麺がまたやらかす!!!18人食中毒に】の続きを読む

    :名無し募集中。。。@\(^o^)/ :2016/06/15(水) 19:48:15.91 ID:???

    マングースはインド原産の食肉目の動物で、コブラの天敵として知られている。
    ジャコウネコ科の雑食獣で、主にネズミや鳥、昆虫などを食べる。
    日本には、1910年、インドから輸入された21匹のマングースが沖縄本島に持ち込まれたのが始まり。
    明治時代、ハブの毒を消す血清がなく、かまれると死亡するケースが多く、ハブの被害は深刻な問題だった。
    そこで東大の先生がマングースに注目、ハブと戦わせる実験を行った。
    マングースはハブにかまれても死ぬことはなく、最後はハブの頭に食いついて、見事にしとめたのだ。
    早速、ハブ退治として沖縄本島に導入された。

    http://www.asahi-net.or.jp/~jf3t-sgwr/inyushu/mangusu.htm



    【【悲報】ハブ対策で沖縄にマングースを輸入した結果・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ