2016年08月

    :名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ :2016/08/30(火) 22:25:11.54 ID:PYpUDtyG0

    カイト君、これで勲章の謎が解けたようですよ!



    【高畑淳子と大谷亮介の息子が高畑裕太!高畑父親の正体を報じた週刊文春と週刊新潮の内容が凄すぎる!!【画像あり】2ch「事実婚で結婚してないとか」「離婚歴2回も普通じゃない」】の続きを読む

    :レッドインク :2016/08/31(水) 03:20:22.89 ID:Ky27/DeU0

    ラーメン二郎には複数の店舗が存在するが、なかでも美味しいと定評のある府中店で、衝撃的な出来事が多発。来店客から、店主を不安視する声が多数出ているのである。

    ・いったい何が起きているのか?
    府中店といえば、ラーメン二郎のなかでも珍しいスライスチーズのトッピングができる希少店。そんな人気店で、いったい何が起きているのか?

    以下は、ネット上に書き込みされたラーメン二郎の府中店に関する書き込みの引用である。

    ・インターネット上の声
    「店主の状態が極限に来てると思う」
    「クッタクタのモヤシ。そりゃそうだよ。麺より長く20分以上茹でられてるんだから」
    「麺は30分茹でられ溶けている」
    「注文から着丼まで45分」
    「着丼の客もほとんど手付かずで丼ぶり上げてごちそうさま」
    「前に配膳された方々は半分以上残してみな帰って行った」
    「コールしたはずのニンニクはどこを探しても見当たらず」
    「肉の紐切るとき、紐が切れなくて空を切ってたし限界だと思う」
    「総師はこの光景とラーメン見たらどう思うんだろ?」
    「ずっとワンオペ休みなしでレギュラーで26day続けてた」
    「ラーメン作る状態にないように見えました、常にボーッとしていて、カウンターにラーメンを上げれない」
    「しっかり休んで二郎府中クオリティ復活して欲しいです」

    ・みんなが心配する優しい店主
    多くの来店客の情報を踏まえて考えれば、店主が一人で長期間(長時間)働いており、さらに衰弱している状態でラーメンを作っているとのこと。

    府中店は「行くとホッとするラーメン二郎ランキングトップ3」にもランクインしている優良店だけに、しっかりと休んで、健康な状態になってから再オープンしたほうが良いかもしれない。

    http://buzz-plus.com/article/2016/08/31/ramen-jiro-fucyu/












    https://youtu.be/TjeiKauHF8I
    ▶︎Youtube ▶︎


    【【緊急事態】ラーメン二郎の府中店がヤバイ状況に ・・・】の続きを読む

    :ハイキック :2016/08/20(土) 20:05:54.61 ID:gzA0k6040

    挨拶をうっかりお忘れの皇太子ご夫妻 愛子さまがご指摘

    今年新たに制定された祝日『山の日』の8月11日、皇太子ご一家は長野・松本市の上高地で行われた
    『「山の日」記念全国大会』の式典に臨席された。

    「愛子さまは上高地の地理・歴史や山の日の持つ意味などを事前にお調べになっていたそうです。
    また現地に向かわれる車中では、上高地に行ったことがあるご両親に思い出話などを聞かれたようです」
    (東宮職関係者)

    愛子さまにとって、ご夫妻の地方での公式行事に同行されるのは今回が初めて。お気持ちの引き締まる
    部分もあったようで、現地入りされた前日10日の昼、JR松本駅でこんなハプニングがあった。

    「淡いパープルカラーのワンピース姿の愛子さまは、ご両親とご一緒に、奉迎する地元住民や登山客などに
    笑顔で手を振られました。その後、移動のためお車に乗られようとしたご夫妻に向かって、愛子さまが何やら
    お声をかけられたのです。

    ご夫妻は“あっ!”という表情をされて踵を返されると、松本駅長のほうに向き直られました。どうやら、
    ご夫妻が挨拶をうっかり忘れてしまい、それに気づかれた愛子さまが“ご指摘”されたようでした」(皇室記者)

    なんとも心強い愛子さまだった。



    皇族のご自覚を見せられた愛子さま

    撮影/雑誌協会代表取材

    ※女性セブン2016年9月1日号
    http://www.news-postseven.com/archives/20160820_440746.html


    【皇太子ご夫妻「…」 愛子さま「あいさつ忘れてるぞ」 皇太子ご夫妻「あっ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ