2017年03月

    名無しさん@おーぷん 2017/03/30(木) 13:47:56 hRo

    NHK、テレビ設置「申告制」提示 受信料制度を改革へ

     NHK改革で受信料に関する制度が変わりそうだ。NHKは12月の総務省の有識者会議で、受信契約を結んでいない世帯にテレビの設置状況を申告させる案を示し、事実上、法改正の検討を求めた。
    一方、インターネットで番組を常時同時配信することになれば、テレビの受信契約を結んでいない世帯からも料金を徴収したい考えだ。

     受信料の水準については、高市早苗総務相が引き下げを求めている。政府は平成29年、受信料を含むNHKの「三位一体」改革の議論を本格化させる。

     NHKが提示した案はイタリア公共放送が導入したもので、受信料の支払い率の向上が確認されたという。NHKの受信料の支払い率は77%にとどまっているが、「テレビがない」ことを理由に契約を結ばない世帯が多いようだ。

     改革案では、契約していない世帯にダイレクトメールを送り、本当にテレビがない場合は申告してもらう。
    虚偽の場合は罰則を科す一方、申告がない世帯は「テレビがある」とみなす。NHKは「視聴者、国民の理解を得ることが前提だが、契約収納活動の困難性を大幅に軽減できる」と強調している。

     このほか、インターネット常時同時配信が認められた場合、NHKと視聴契約を結んだスマートフォンやパソコンの保有世帯から受信料を徴収する。

     新制度で支払い率が向上すれば、1世帯当たりの受信料を引き下げる原資になり得る。

    http://www.sankei.com/smp/economy/news/161226/ecn1612260031-s1.html



    【【悲報】NHKさん、受信料欲しさにとんでもない事を考える】の続きを読む

    イセモル ★@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 10:03:58.05 CAP_USER9

    米国のドナルド・トランプ大統領(70)が、伝統行事の大リーグ始球式を拒否した。ワシントンを本拠地とするナショナルズは4月3日(日本時間同4日)のマーリンズとの開幕戦で依頼していたが、28日(同29日)に球団広報がホワイトハウスから断りの連絡が入ったことを明かした。スケジュール調整がつかないことが理由だが、100年以上の歴史がある始球式をないがしろにしたことで波紋を呼びそうだ。

    開幕戦を6日後に控える中での始球式拒否。ナショナルズの球団広報は「ホワイトハウスからスケジュール上の都合により、参加できなくなったとの連絡が来た。ご存じのように、大統領を開幕戦に招待することは、ここワシントンでは100年以上の歴史があり、我々もその伝統を引き継いできたが…」と困惑した様子で説明した。

    大統領と野球の関わりは1世紀以上に及ぶ。初めて始球式を行ったのは1910年のタフト大統領。当時、ワシントンを本拠地としていたのはセネタースで、72年に移転するまで、11人中、10人が就任1年目に始球式を行っている。唯一の例外は、開幕戦の8日前に就任した45年のトルーマン大統領だが、翌年から7年連続で務めている。05年にナショナルズが新球団として誕生し、ワシントンに球団が戻ってきてからも、ブッシュ大統領、オバマ大統領が就任1年目に始球式。ワシントンに球団がある期間に在任した大統領は13人全てマウンドに立っている。

    トランプ大統領は、過去に00年、06年と2度始球式を経験。野球好きだが、12年にはナショナルズが手術明けだったエース右腕ストラスバーグをシーズン終盤に休養させたことについて、ツイッターで批判したことがある。ストラスバーグは今年の開幕投手で、トランプ大統領へのファンの反応が注目されていた。

    ワシントン近郊のボルティモアを本拠地とするオリオールズも今月初めに球団幹部が、選挙戦の際の暴言を持ち出し「マウンドに上がる前にまずは謝罪が必要」と大統領の招待に難色を示している。米調査会社「ギャラップ」の世論調査では、支持率が36%と落ち込み、政権発足以来で最低を記録したばかり。異例の始球式拒否で、大統領への風当たりは一層強まりそうだ。


    下記が引用元になります|ω・)
    http://m.sponichi.co.jp/society/news/2017/03/30/kiji/20170329s00042000570000c.html



    【【悲報】100年以上続く伝統行事、大リーグ始球式をトランプ大統領が拒否wwww】の続きを読む

    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/03/30(木) 17:10:10.29 CAP_USER9

    【松岡修造/モデルプレス=3月30日】
    元プロテニスプレイヤーでタレントの松岡修造が30日、松岡の娘・恵が宝塚音楽学校に合格したことを報告した。

    ◆修造の娘が宝塚合格

    自身の母親が元星組男役スターの千波静である松岡は「沢山の人たちに感謝!」というタイトルで公式サイトのコラムを更新。

    「この度、長女、松岡恵が宝塚歌劇団に合格しました」と報告し、自身も幼いころから宝塚歌劇団を観劇していたという松岡は
    「父親として心から嬉しく思います。僕を含め沢山の人に元気と幸せを与えてくれる場所だと思っています」と綴り
    「宝塚歌劇団は、人を応援できる力がある。娘には、創始者である小林一三さんのお言葉、『清く、正しく、美しく、朗らかに』を心に日々邁進してほしいと願っています」とエールを送った。

    また、「父親としての一番の願いは、健康に、そして僕のように周りの人たちに迷惑をかけないで、
    感謝の思いを大切に自分の道を歩んでほしいです」と娘へ熱い思いを綴っている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12868880/
    2017年3月30日 16時38分 モデルプレス

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/30/jpeg/20170330s00041000174000p_thum.jpg



    【【画像】松岡修造の娘が宝塚に合格!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ