2017年04月

    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 20:12:32.92 CAP_USER9




    21日、ラーメンチェーン『一風堂』全国展開する「力の源ホールディングス」が東証マザーズに上場、一時公募価格600円の5倍以上の3200円にまで上昇した。

    清宮俊之社長はこのタイミングでの上場について「一つが人材獲得ですね。もう一つは透明性だったり、信頼性を高めていきたい。
    会社としていよいよ次のシーンに行くぞというスタートラインに立てたのかな」と話す。
    『一風堂』は国内のみならず、いち早く海外にも目を向け、海外出店を加速させている。




    "年間750杯を食す"というラーメン評論家の大崎裕史氏は「幸楽苑さん、日高屋さんなどに続いて、久々の上場。儲かるラーメン店というのは本当にごく一部」と話す。

    日本人のソウルフードとなったラーメンだが、経営の実情を語る上で外せないのは、その原価率だ。

    大崎氏によると、ラーメン店の原価率は平均的には30%くらいだという。販売価格が1000円だとすると、
    原材料費が300円という計算。「材料を加えれば、一般的には美味しくなる」のだという。

    閉店してしまった『ラーメン無双』元店主の西村政司さんによると、メンマは8円(原価率8%)、海苔4枚が13円(13%)、玉子18円(18%)、チャーシュー20円(20%)、
    もやし100gが9円(9%)、ネギ50gが20円(20%)、コーン50gが20円(20%)という内訳だったという。
    「トッピングで注文されて嬉しかったのは、もやし。安い野菜でカサ増しができるのも嬉しかった」。




    スープ(しょうゆ・塩・味噌などのタレを入れる前の段階のもの)で約70円、豚骨スープになると210円〜220円だったと明かし、
    原価の高い豚骨スープにこだわったことが、自身が閉店に追い込まれてしまった原因の一つと話す。

    「原価率が大体40%以上になったので、利率はどんどん下がっていく。集客数がどんどん上がっていけば利益としてなったんですけど、
    集客率も変わらない状態でその原価でっていうと、持続していくのが難しなっていった(西村さん)。




    前出の大崎氏は「昔はタクシー初乗り料金と同じくらいと言われていたラーメン。1000円を超えると高いなという感覚があると思う。
    ただ、安くすればお客さんが来るかというとそうではない。儲かるお店がどれだけお客さんのことを考えているか。
    接客やサービスも大事」だと話す。

    "10年続く店は10%、20年続く店は3%"と言われるほど厳しいラーメンの世界。

     大崎氏によると、たとえばオーダーミスがあった場合でも、わざわざイチから作り直して提供するなど、
    「一番美味しい状態でお客様に提供しようと努力するお店」は繁盛するという。
    逆に利益を第一に考えて経営するお店は、潰れてしまうことが多いと指摘した。(AbemaTV/AbemaPrimeより)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12874148/
    2017年3月31日 16時45分 AbemaTIMES


    【″最大のタブー″ 閉店してしまったラーメン店主が明かした原価率】の続きを読む

    このページのトップヘ