2017年04月

      2017/04/27(木) 07:01:47.61

    荒木飛呂彦原作による実写映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」
    の新たな予告映像が公開された。

    予告は杜王町の街並みからスタート。その後山崎賢人演じる東方仗助が路地裏で不良に
    絡まれるシーンが映し出され、神木隆之介扮する広瀬康一、小松菜奈扮する山岸由花子、
    伊勢谷友介扮する空条承太郎といった仗助を取り巻くキャラクターたちが姿を見せる。そ
    して山田孝之演じるアンジェロ、岡田将生扮する虹村形兆、真剣佑扮する虹村億泰も登
    場。スタンド能力と思しき得体の知れない、水のようなものが人間を襲うシーンなども収め
    られている。このほかメインキャストが勢揃いしたバナービジュアルも公開された。

    「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」は8月4日公開。監督は三池崇史
    が担当する。


    http://natalie.mu/comic/news/230417



    ▶︎Youtube ▶︎


    【実写版『ジョジョの奇妙な冒険』の予告映像公開、スタンドも初披露】の続きを読む

      2017/04/26(水) 20:44:14.26

    海外初公務のイブァンカ・トランプ氏に大ブーイング 招待したメルケル首相の思惑通り?

    ドイツの首都ベルリンで25日、G20の女性会合「W (Woman) 20サミット」が開催された。
    メルケル首相をはじめ、IMFのラガルド専務理事、オランダのマキシマ女王など、そうそうたる面々が参加した。

    アメリカの代表はイヴァンカ・トランプ大統領補佐官。氏は質問に答える最中、父であるトランプ大統領の女性に対する態度を擁護する発言をしたため、
    観客から不満のうめきや囁き、さらには嘲笑を浴びることになった。この質疑応答のビデオは欧米のメディアで瞬く間に報道された。

    W20サミットの司会を務めたヴィルトシャフツヴォッヘ誌のメッケル氏が「ドイツの聴衆は『ファースト・ドーター』という観念に馴染みがない。
    あなたの役割、代表しているものは何なのか。大統領としての父親か、アメリカ国民か、それともあなたがたのビジネスか」と質問すると、
    イヴァンカ氏は「もちろんビジネスではない」と回答し、さらに父トランプ大統領を「家族を支える偉大な擁護者」と讃えた。

    これに対し会場からは不満の囁き、果ては笑い声がわき起こった。これを受けてメッケル氏が「聴衆の反応を聞いたでしょう?(……)あなたのお父様は本当に女性の擁護者なのか」と問いかけると、
    イヴァンカ氏は、これまで父とともに働いてきた何千人もの女性たちが父が女性の可能性を信じていることの証となるであろう、と返答し、さらに失笑を買うことになった。

    SNSでは、怒りと嘲笑の混じった反応が多々見られた。とくに、「メディアのしつこい批判」というイヴァンカ氏の発言に対する批判が巻き起こった。

    実は彼女をベルリンに招待したのはメルケル首相その人である。「メルケルはキツネのように賢い」と、前イラク大使など数々の要職に就いた経験を持つジェフリー氏はポリティコ誌に語った。

    ドイツでも本件は瞬時に報道された。SNSの反応も、英語圏のものと同じように怒りと嘲笑の混じったものが多いが、どちらかというと笑い話にしている人が多いようだ。
    途中、メルケル首相が「正直言って……」と何か言いかけてから口をつぐんでしまった場面があったが、その「(発言されなかった)メルケル首相の発言に一番信憑性があるね」と書き込んだ男性もいた

    http://newsphere.jp/world-report/20170426-4/



    【ドイツ・メルケル首相、女性サミットに招待したイヴァンカ・トランプを袋叩きにし笑いものにする】の続きを読む

    三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 11:09:03.13

    東スポWeb 1/31(火) 11:00配信

     テレビ朝日の4月期番組改編では、「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(月曜午後8時)」の
    土曜午後10時枠への移動のほか、人気フリーアナウンサーの高島彩(37)をキャスターに据える
    「サタデーステーション」が同午後9時から新たに放送される。これで注目されるのが土曜午後9時の
    2時間ドラマ枠「土曜ワイド劇場」の扱いだ。

     サタデーステーションの今春スタートを受けて、ネット上では「土曜ワイド劇場ってなくなっちゃうの?」
    「これからも同じように続いてほしい」などと番組ファンの声がツイッターで寄せられている。
    「地震があっても、見続けます」とのツイートも見られるほど熱い視聴者もいる。

     テレ朝看板の土曜ワイド劇場は1977年7月に「時間よ、とまれ」で始まった。故渥美清さんが
    刑事を演じた犯罪捜査ドラマで、市原悦子やガッツ石松らが共演。文化庁芸術祭のテレビドラマの部で
    優秀賞に輝いた。

     以来、「西村京太郎トラベルミステリー」や市原の名を広めた「家政婦は見た!」など数々の
    人気シリーズを生み出した。サスペンス系では犯人捜しが話題になり、故藤田まことさんら常連俳優も
    人気を呼んだ。一部では時間帯を変えて継続と報じられており、7月で40年の節目を迎える今年、
    大きな変化を迎える。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000002-tospoweb-ent



    【土曜ワイド劇場が打ち切り終了!!?テレ朝の番組改編で異常事態・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ