2018年10月

      2018/10/31(水) 14:48:58.90


    千葉県市原市が生活保護受給者や身元が分からない人の遺骨57体を庁舎内のロッカーに保管していたことが同市への取材で判明した。
    保管が3年以上に及んだ遺骨もあり、同市は厚生労働省に「不適切だった」と報告。識者は「死者を冒とくする行為だ」と指摘している。

    独り身で遺体の引き取り手がない生活保護受給者や身元不明者の遺体は生活保護法や墓地埋葬法などに基づき市区町村が
    火葬から埋葬まで行うことになっている。同市は斎場で火葬後、引き取り先を探す間、遺骨を庁内の一室のロッカーで保管。
    この部屋には就労支援員4人が常駐し、生活保護や就労支援の相談に応じ、ロッカーは入り口付近にあった。
    3カ月ごとに合葬墓に移すことになっていたが、2017年4月に担当者が代わった際に引き継ぎがなされず、庁舎内に保管されたままになっていたという。

    毎日新聞が入手した遺骨の一覧表によると、54体は16〜17年に火葬され、00、11、14年に火葬された遺骨も各1体あった。
    市によると、00、11年の2体は火葬後に遺族が保管していたが埋葬されないまま遺族が死亡したため17年までに市が引き取った。
    14年の遺骨は遺族に引き取りを要請したが、引き取られないまま保管された。

    https://mainichi.jp/articles/20181031/k00/00e/040/181000c
    遺骨が保管されていたロッカーと同型のロッカー=千葉県市原市役所で



    【市役所のロッカーに遺骨57体・・・】の続きを読む

      2018/10/31(水) 12:26:34.64
    線路落下の車と電車が衝突 ドライバーが軽傷 伊賀鉄道

    10月31日午前7時50分ごろ、伊賀市上野桑町の伊賀線伊賀鉄道の線路に市内の女性(63)が運転する普通車が転落し、
    走行中の伊賀神戸発‐上野市駅行の電車(2両編成)と衝突。女性が頭などを打つ軽傷を負った。
    乗客と乗員約200人にけが人は出ていない模様。

    現場は同鉄道の桑町駅から北に約350メートル。伊賀署によると車は跨線橋のレンガ塀を突き破って落差約7メートルの線路に落下し、
    ドライバーの女性が車外に避難した数分後に電車と衝突した。同鉄道の男性運転士は車に気付いて急ブレーキをかけたが、間に合わなかった。

    事故原因について、ドライバーの女性がガレージに駐車しようしてアクセルとブレーキを踏み間違えたのが原因だとみて調べている。
    同鉄道によると、運転再開の見込みは立っておらず、上野市駅‐伊賀神戸間はバスによる振替輸送で対応している。
    https://www.iga-younet.co.jp/2018/10/31/10290/



    【【悲報】女性が運転する車が7メートル下へ落下→下に走ってた電車に衝突する事故】の続きを読む

      2018/10/30(火) 23:49:00.22
    各球団それぞれの平均顔を作成してみた。

    全選手で作成するのは多大な労力がかってしまうので、「先発勝利数上位3人、最多ホールド、最多セーブ、最多先発出場捕手、先発出場回数上位6人」の計12人を選抜し、対象とした。

    それでは、ウェイバー順に発表していく。


    【12球団それぞれの平均顔wwwwwwwwwwwwwww(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ