2019年01月

      2019/01/27(日) 22:27:54.01


    お湯は危険! 車のフロントガラスが凍ってしまったら?

    朝の冷え込みが厳しい季節。屋外に駐車していた車の窓ガラスが霜で凍ってしまうと、溶かすのが大変です。
    皆さんはどのように対処していますか?ウェザーニュースでアンケート調査を実施したところ、
    「車のくもり止め機能(デフロスター)を使う」が45%と一番多くなっています。次いで、「お湯をかける」(23%)という人が多いようです。




    また、エリア別で詳しく見てみると、西のエリアほど「お湯をかける」回答が多い傾向となりました。
    東海・近畿・中国・四国・九州のエリアでは30%を超える人がお湯をかけているようです。




    回答者には「ぬるま湯をかけてワイパーで仕上げます」「お風呂の残り湯で溶かします」というコメントもあり、
    お湯と回答した人の中にはぬるま湯を使っている人も含まれているようですが、熱湯はもちろん、ぬるま湯で
    溶かすのも危険で注意が必要です。どのように解氷するのが効果的なのか、解氷方法と凍結防止策を
    JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)に聞きました。

    (略)

    お湯をかけるのは危険!

    「お湯をかけて解氷するのは、温度差でガラスが割れたり、溶けた水がすぐに凍りつく可能性があるので危険です」(JAF)。
    熱湯はもちろん、ぬるま湯でも要注意です。霜が降りやすい気象条件は、前夜が快晴で放射冷却現象が強まるときです。
    昼間暖められた地面が大気中に熱を放出して、地面の温度が下がるのです。車のフロントガラスに霜が降りるのは、
    寒さでフロントガラスが冷やされ、空気中の水蒸気が昇華して付着するためです。気温が4℃以下のとき、湿度が
    高いとき、風が弱いときなども霜に注意が必要です。また事前に、車の霜対策を施しておけば、朝、慌てずにすみます。
    では、どんな対策が有効なのでしょうか?

    カバーをかけておけば完璧!

    JAFのユーザーテストでは、条件の異なる車3台を一晩駐車し、フロントガラスの凍結防止対策として何が有効かを
    検証しています。

    (1)凍結防止対策なしの車スノーブラシやスクレーパーを使っても凍結は取りきれず、視界確保は困難。
    (2)フロントガラス全面に撥水剤を塗布した車スノーブラシやスクレーパーを使えば、凍結部分をきれいに拭い取ることができました。
    (3)フロントガラス全面にカバーをかけた車凍結はなく、凍結防止対策に最も有効でした。

    スクレーパーを使用する際、プラスチック製なら、ゴシゴシこすってもガラス面に傷がつくことはありませんが、ガラス面に付いていた
    ごく小さな砂などによって傷付く可能性もあるので、ガラス面をきれいにしておくことが必要です。撥水剤は梅雨どきだけではなく、
    霜取りにも威力を発揮します。撥水が効いていると水滴を寄せ付けないため、雪や霜が付きにくくなる効果が得られるのです。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15932357/


    【凍結したフロントガラス、どうやって溶かす? 23%が「お湯をかける」危険行為をしていると判明】の続きを読む

      2019/01/27(日) 10:04:00.14
    代表チームがトレーニングを行う前、女子テニスプレーヤーの大坂が全豪オープンで初優勝を飾り、昨夏の全米オープンに続く4大大会2連勝の偉業という一報が届いた。

     日本代表の選手たちも刺激を受けたかに思われたが、話を振られた南野は「なんのニュースも見ていないので……」とピンと来ていない様子。思わず「優勝ってなんの大会?」と聞き返している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-00165863-soccermzw-socc


    【【悲報】記者「大坂なおみさんの優勝について一言」サッカー日本代表南野「優勝って何の大会?」】の続きを読む

    このページのトップヘ